増えてきたブルーレイディスクプレイヤー

ブルーレイディスクはプレイヤーが主体である北米市場と異なり、日本国内ではレコーダーが主流でした。そのため、ブルーレイディスクプレイヤーとしてはゲーム機の「プレイステーション3」がよく使われていたわけですが、最近はいろいろなメーカーからブルーレイディスクプレイヤーが登場するようになりました。

今回はそんななかで、パナソニックのブルーレイディスクプレイヤーDMP-BD60のレビューをお送りします。

DMP-BD60

DMP-BD60



外観

その外観は同社のブルーレイレコーダーの流れを受け継いだ、薄くコンパクトでシンプルなデザインです。重量は約2.6キロということですが、実際、男性であれば、片手で軽々と持つことができるでしょう。

背面には映像や音声出力に加えて、LAN端子も搭載されています。これはBD60がDLNAクライアント機能に対応したり、YouTube動画の視聴が可能であるなど、ネットワーク機能にも対応しているからです。

前面右のカバーを開けるとSDカードスロットがあり、SDカードに保存されたAVCHDビデオカメラの映像を再生することも可能になっています。
背面端子

背面端子