待望の観覧車はなんと地上60メートル!

観覧車

香港の新観光名所として注目される大観覧車


観覧車

観覧車はスイスAEXが運営

中環(セントラル)のフェリーターミナルとIFCモールの中間に建てられた巨大観覧車。地元メディアでは2014年の秋に試運転がささやかれたものの、しばらくお預け状態が続いていましたが、同年12月についに待望のオープンを迎えました。運営するのは、タイの首都バンコクで話題の観光スポット、アシアティック・ザ・リバーフロントの観覧車を経営する、スイスAEX社。数々の観覧車を運営する会社として知られています。


ゴンドラ

ゴンドラは8人乗りと大きめ。VIP用ゴンドラも用意されています

観覧車の全容を紹介すると、まず高さは60メートルで、約20階建てビルの高さに相当します。ゴンドラは42個で、その中の1台はVIP用となっています。1台につき8人乗りなので、日本のものよりは大きめな印象ですね。快適さを追求したというこの観覧車。全てのゴンドラは冷暖房完備で、夏は涼しく冬は暖かく保たれる上、Wi-Fiも利用できるというのも魅力です。


観覧車

場所は中環(セントラル)の9-10埠頭の前の広場

ゴンドラの大きさはさることながら、日本の観覧車と異なる点として、周回数が挙げられます。日本ではゆっくりと1周して終わりというのがスタンダードですが、こちらの観覧車は1回の乗車につき3~5周回ってくれるのだとか。乗車時間は15~20分です。





昼と夜、異なる街の表情をあらゆる角度から

観覧車

東を見ると湾仔のコンベンションセンターが目前に

中環(セントラル)のウォーターフロントにあるという立地から、観覧車からはさまざまな角度から香港を見ることができます。北を見ればビクトリア湾越しの九龍半島が、東を見れば湾仔(ワンチャイ)のランドマークであるコンベンションセンターが、南を見れば香港島一高層のIFCビルが迫ってきます。



観覧車

見る角度によって印象がガラリと変わります

また、昼と夜では全く異なる表情を楽しめるのも魅力です。とりわけ、夜8時から始まる光のショー、シンフォニーオブライツの時間には人気が殺到しそうな予感。乗車するのはもちろんですが、観覧車自体が完全に香港の夜景に溶け込むので、九龍半島から眺めるのもまた一興です。





観覧車

紫に輝く観覧車は、香港の夜景をさらに彩るアクセントに

<DATA>
Hong Kong Observation Wheel
住所:中環(セントラル)9、10番埠頭前
アクセス:中環(セントラル)埠頭からすぐ。MTR香港駅から徒歩5分
開園時間:11:00~23:00
料金:大人100香港ドル(約1500円)、子ども(12歳以下)・学生・シニア・障害者70香港ドル(約1000円)

※HK$1=約14.28円(2016年5月31日現在)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。