お台場~新橋 夜景・イルミネーションスポット!モデルプラン

ヴィーナスフォート(館内イルミ)⇒東京テレポート駅周辺(ヴィーナスフォート壁面イルミ&大観覧車イルミ)⇒フジテレビ(壁面イルミ)⇒デックス東京ビーチ前(YAKEI)⇒ダイバーシティー東京(イルミ)⇒ゆりかもめ(夜景&イルミ)⇒カレッタ汐留(夜景&イルミ)⇒汐留シティセンター(夜景&イルミ)

お台場イルミネーション前も人気の撮影スポット

『ODAIBA ILLUMINATION』も人気の撮影スポット



夜景・イルミネーションスポットお台場編
ヴィーナスフォート、大観覧車

YURIKAMOME

高架レールを走る眺望抜群の『ゆりかもめ』からも夜景・イルミ鑑賞


今回は、お台場・新橋間の移動に『ゆりかもめ』を利用し、移動中も夜景を楽しむプランをご案内させていただきます。また、プランをアレンジし、豊洲まで足をのばして『豊洲ららぽーと』のクレーンイルミネーションを観るのも良いでしょう。冬のイメージが強いイルミネーションですが、お台場には通年開催のイルミネーションも急増しています。お台場・新橋(汐留)の期間限定イルミネーションと合わせて、1年中楽しめる夜景&イルミスポットへとさっそくまいりましょう。

■VENUSFORT ILLUMINATION 2014-2015

まずは、ゆりかもめ・青海駅直結のヴィーナスフォートで開催中(2015年3月15日(日)まで)の『VENUSFORT ILLUMINATION 2014-2015』を観に行きましょう。
点灯は昼の12:00~22:30の毎時00分~30分までなので、暗くなるのを待たずに、買い物をしながら手軽にイルミネーションを鑑賞できます。

■ヴィーナスフォート『イルミネーションウォール』(通年)
ヴィーナスフォートの東京テレポート駅に面する壁面に

2014年3月に誕生したヴィーナスフォート・イルミネーションウォール

夕方になったら、東京テレポート駅側の出口から外にでてみてください。そこには2014年の春、桜をモチーフにしたイルミネーションで幕を開けた『ヴィーナスフォート・イルミネーションウォール』の姿が。冬は、雪の結晶などの照明デザインを見ることができます。季節ごとの演出で日本の四季の美しさが表現されるほか、ヴィーナスフォートで実施するイベントと連動した演出も企画される予定です。

■パレットタウン大観覧車『イルミネーション』(通年)
大観覧車イルミネーション

2013年3月にリニューアルした大観覧車イルミネーション

次は、『ヴィーナスフォート・イルミネーションウォール』を観た位置から視線を左に向けてください。そこには、日本の四季を表現した大観覧車のイルミネーションが見えます。とわざわざ言われなくても、見えていたとは思います。大観覧車イルミネーションの特徴は、遠い場所からでも確認できる大きさとシンプルなデザインです。観覧車の造形の特徴(円形・曲線・対称)が桜、スイカ、雪の結晶などをモチーフとした照明デザインに活かされています。

シンプルだからこそ形・色・動きが計算された美しいイルミネーションパターンに注目してみてください。クリスマスの特別イルミネーションやコラボレーションデザインが登場する場合もあり、そのタイミングで居合わせられたら、ラッキーです。

【関連記事】お台場大観覧車 新イルミネーション


次のページでは、フジテレビ、デックス東京ビーチ、ダイバーシティ東京へと向かいます。