小学校低~高学年別の、お年玉事情とは?

お正月はお年玉の時期でもありますね。祖父母や親せきからお年玉をもらうというお子さんも多いと思います。果たして、最近の小学生の子どもは、総額でどのくらいもらっているのでしょうか。

金融広報中央委員会の調査「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)2015年度※」から、最近のお年玉事情について、小学校低学年・中学年・高学年に分けてお伝えします。
※2018年12月時点で最新のデータになります
 
お年玉をもらったら、親子でお金について話し合ういいチャンスです。

お年玉をもらったら、親子でお金について話し合ういいチャンスです。

 

小学校低学年(1、2年生)の場合

小学校低学年では、「お年玉をもらった」という子どもは、97.7%。もらった相手は、祖父母が80.9%、親が56.1%、おじさん・おばさんなどの親戚が55.2%、その他が43.6%という結果でした。

金額の総数は、以下の通りです。
・1000円くらい・・・7.0%
・2000円くらい・・4.3%
・3000円くらい・・・7.5%
・5000円くらい・・・14.6%
・1万円くらい・・・24.0%
・2万円くらい・・・16.1%
3万円くらい・・・7.8%
・もっと多い ・・・15.5%

ボリュームゾーンは「1万円くらい」(24.0%)~「2万円くらい」(16.1%)。また、「3万円より多い」(15.5%)という回答も多く、小学1、2年生にとってかなりの大金をもらっていることがわかります。
 

小学生中学年(3、4年生)の場合

小学校中学年では、「お年玉をもらった」という子どもは、98.3%。もらった相手は、祖父母が85.5%、親が60.4%、おじさん・おばさんなどの親戚が69.7%、その他が44.5%という結果に。

小学生低学年に比べると、親や祖父母、おじさん・おばさんからもらう割合が増えています。小学3年生くらいになると、お金の管理も少しずつできる頃ですので、親御さんもおじ・おばさんも「お年玉をそろそろ渡そうか」ということになりやすいのでしょう。

金額の総数は、以下の通りです。
・1000円~3000円未満・・・2.8%
・3000円~5000円未満・・・6.4%
・5000円~1万円未満・・・13.1%
・1万円~2万円未満・・・・30.5%
・2万円~3万円未満・・・・21.3%
・3万円~5万円未満・・・・16.6%

・5万円以上・・・・・・・・6.3%

ボリュームゾーンは「1万円~2万円未満」(30.5%)、「2万円~3万円未満」(21.3%)、「3万円~5万円未満」(16.6%)です。小学3、4年生は、お年玉をトータルで1万円~5万円くらいもらっているということですね。

ちなみに、小学校中学年以上では、次のようなデータもありました。

家の人からもらった金額」では、
1位「もらっていない」(25.4%)、2位「1000円~3000円未満」(19.7%)、3位「3000~5000円未満」(16.4%)、4位「5000円~1万円未満」(16.1%)の順


家の人からお年玉を渡す場合は、1000円~1万円未満の範囲で、ご家族の事情や考え方などにあわせて、決めているようですね。

また、お年玉の取り扱い方法については、
1位「銀行や郵便局などに、貯金する」(48.0%)、2位「家の人に渡す」(45.7%)、3位「自分で持っている」(31.7%)、4位「特別なものを買う」(13.3%)、5位「おこづかいで足りないものを買う」(5.3%)、6位「その他」(8.9%)でした。

2位「家の人に渡す」も、多くの親御さんが銀行等に預けているかと思いますので、「貯金する」がかなりの割合を占めているようです。また、小学校中学年になると、3人に1人は「自分で持っている」ことがわかります(ちょっとした大金なので、気を付けたいですね)。

 

小学校高学年(5、6年生)の場合

小学校高学年では、「お年玉をもらった」という子どもは、98.6%。もらった相手は、祖父母が88.9%、親が63.4%、おじさん・おばさんなどの親戚が78.8%、その他が42.5%という結果に。

金額の総数は、以下の通りです。
・1000円~3000円未満・・・1.7%
・3000円~5000円未満・・・3.1%
・5000円~1万円未満・・・9.8%
・1万円~2万円未満・・・・26.5%
・2万円~3万円未満・・・・25.4%
・3万円~5万円未満・・・・22.5%

・5万円以上・・・・・・・・8.8%

ボリュームゾーンは、「1万円~2万円未満」(26.5%)、「2万円~3万円未満」(25.4%)、「3万円~5万円未満」(22.5%)です。小学校3、4年生に比べて、小学5、6年生になると、やはりトータルでもらう金額がアップする傾向にあります。

「家の人からもらった金額」では、
1位「もらっていない」(25.1%)、2位「5000円~1万円未満」(21.8%)、3位「3000~5000円未満」(16.9%)、4位「1000円~3000円未満」(15.8%)の順


小学校高学年になると、お年玉で5000円前後を渡すという親御さんが多いようですね。

また、お年玉の取り扱いについては、
1位「銀行や郵便局などに、貯金する」(49.4%)、2位「自分で持っている」(43.1%)、3位「家の人に渡す」(38.0%)、4位「特別なものを買う」(16.2%)、5位「おこづかいで足りないものを買う」(8.6%)、6位「その他」(8.2%)でした。

小学校中学年に比べると、「自分で持っている」という回答が多く、「特別なものを買う」「おこづかいで足りないものを買う」という割合も少し増えています。
 

お年玉で、「貯める」と「使う」を体験しよう

小学生は、お年玉によって、トータルで1~5万円ほどの大金を手にすることになるわけです。(親御さんも、そのぶん出していらっしゃると思うのですが!)

お年玉は、年に1回の大金を手にする時期。「こんなに使いきれないから、全部貯金しようね」などと親御さんが使い方を一方的に決めてしまうのではなく、ぜひ親子で相談するチャンスにしましょう。

いつも全額貯めようとすると、子どもは「お金は貯めるためにあるもの」「貯金は多ければ多いほどいい」「お金を使うことはもったいない」などと考え、お金を上手に使えなくなってしまう可能性があります。ぜひ、「貯める」と「使う」の両方の体験をさせてあげたいですね。

まずは、お年玉の使いみちについて、「○○が欲しいから、△△円を貯めて、××円を使う」などと親子で話し合い、「何円貯めるのか」「何円を使うのか」を決めましょう。「来年●●がほしいから、今は全部貯める」というのもありですね。

そして、以前の記事「銀行で子ども名義の通帳を作るとオトクなこと3つ」でもお伝えしましたが、子ども名義の銀行通帳を作り、一緒に入金しにいくといいでしょう。通帳の枠内に鉛筆で「○○おじいちゃん、おばあちゃんよりお年玉」などと書きこむといいですね。字がきれいに書ける年齢なら、お子さんに書いてもらうのも◎です。

先に貯めて、「残ったお金を楽しく使う」という体験によって、大人になってからも通用する「上手なお金の貯め方・使い方」のトレーニングができるはずです。


お年玉は、年に1回、大きなお金を手にする時期。ぜひこのいいチャンスを活かして、親子でお金の使い方、貯め方について話しあってみてください。

【関連記事をチェック!】
銀行で子ども名義の通帳を作るとお得なこと3つ

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。