パリで名立たるフローリストたちに師事して花を学び、パリ在住の日本人フローリストの中でも珍しいヨーロッパの花国家資格を持つ金本久美さん。金本さんが経営する「アトリエティージュ」では、花好きのフランス人からのオーダーはもちろん、フランスでウェディングを行う日本人からのブーケやデコレーションの注文も多いそうです。

そんな金本さんに、パリのウェディング事情をインタビュー。3回に分けて、お届けします。第2回目は、パリ風ウェディングデコレーションについてです。


ウェディングはお気に入りのフローリストに直接依頼

kumi kanemoto

パリの風景に溶け込むナチュラルブーケ。

日本で結婚式を挙げるとなると、まずは式場を予約し、そこと提携しているフローリストに会場のデコレーションを依頼するのが通常の流れとなっていますが、フランスでは事情が違うようです。

「パリでも、教会やレストランを予約するところから結婚式準備が始まりますが、会場のデコレーションについては式場を通してでなく、お気に入りのフローリストに相談するケースもよくあります」と、金本さん。

普段から自宅に人を招くことが多く、その際、フローリストに飾り付けを依頼することもあるパリの人にとってはごく自然なことなのかもしれません。

「たとえば、日本人がやりたい演出の1つ、フラワーシャワーはできないという教会が多いのですが、実はこれもフローリストから依頼をすれば、後片付けをきちんとやってくれるならという条件でOKにしてくれたりするケースも。私のアトリエでは、ウェディングのデコレーションを依頼してくだされば、挙式会場やヘアメイク・カメラマンなどのスタッフの手配もします。ここが日本との大きな違いでしょうか」
kumi kanemoto

壁に挙式の写真を貼った空間演出も。


では、そんなパリでのウェディングデコレーションとはどのようなものなのでしょうか?