食事や睡眠など生活リズムを整える。干渉しすぎず、側面からサポート

説明画像

お子さんが学習しやすい環境を整えると同時に、気分転換させる工夫も忘れずに。

受験終盤になると保護者の方にも緊張感が出てくると思いますが、当然のことですが受験するのはお子さま本人です。周囲が焦っても仕方がありませんし、余計な心配は逆効果でさえあるといえます。家族としてできることは、学習しやすい環境を作ること。食事や健康の管理などの側面からの支援を心掛けましょう。

まずは一日三食の食事や十分な睡眠時間など、毎日の生活リズムを保つことが第一です。とはいっても、過度に干渉しすぎるのは禁物で、本人の自主管理が基本です。タイミングをみて声をかけ「見守ってくれる」という安心感を与えることで、学習への集中度も高まります。

成果がうまく上がらず行き詰まってしまったとき、適切に息抜きさせることも家族の大事な役割です。おやつや夜食の時間をとったり、ストレッチや散歩など軽い運動をはさんだりして、気分をリフレッシュできるよう促しましょう。