美人編集長の熊井さん

美人編集長の熊井さん

Chromeを愛用するプロフェッショナルに聞くインタビューシリーズ、今回は株式会社ブライツ・アンド・カンパニーが展開するしろくまnetの編集長 兼 PRをしている熊井 亜希さんにGoogleChromeの使い方をお聞きしました。
熊井さんのメインの業務は、インターネット業界を中心とした企業のPR・ブランディングを目的としたWebメディア『しろくまnet』の運営です。
取材、執筆、画像編集、サイト運用が中心で、外出も多いので、どこでもすぐに仕事ができるようGoogleChromeを活用していました。

定番ツールはヘビーユーズ

熊井さんの仕事風景

熊井さんの仕事風景

オンラインでの定番ツール、「GoogleDrive」と「Google Calendar」Driveは、Webメディアの目標数値などを作成・保存し、編集会議のときに共有して活用していました。GoogleCalendarは、予定管理の必需品とのこと。「外出中でもスマホで予定の調整が可能。社内の会議室予約やメンバーの予定も把握できるので便利です」(熊井さん)。ガイドも上記の2つのツールはなくてはならないビジネスツールです。

Webメディアの編集長が使うChrome拡張!

ato-ichinen……Google検索結果を1年以内のものに限定する拡張機能です。ニュースを発信する仕事では、情報の鮮度は命!古い情報は載せると信用が下がってしまうとのことで、とても重宝されていました。

Writebox……記事作成に集中できるChromeアプリです。書き上げたテキストは、保存をするとDropbox経由で同期が行われるため、ほかの環境やアプリからアクセスできるのが特徴です。シンプルなデザイン、オフラインでも使えるのが便利とのこと。

Tag Assistant(by Google)……アクセス解析ツールのGoogle Analyticsを使用しているので、Googleのタグが正常に動作しているかを確認してくれる拡張機能です。状況に応じて、改善案も提示してくれるのが便利とのこと。

 その本、図書館にあります。……Amazonで販売されている本が、近くの図書館にあるか調べることができる拡張機能です。本をたくさん読みたい人の役に立ちますね。

Pocket……取材先企業様の情報や、気になる記事を繰り返し読めるようにPocketを活用されていました。Google検索して、記事を発見して、そのまま保存しておけるのは便利とのこと。

Webpage Screenshot……サイトのイメージを取材先企業様と共有したり、全体的なレイアウトを把握するために使用されていました。見たままのスクリーンショットだけでなく、ページ全体をスクリーンショットできるので便利とのこと。

さすがメディア運営をされている熊井さんならではの、拡張機能が並びました。


熊井 亜希さんからのメッセージ

しろくまnet

しろくまnet

株式会社ブライツ・アンド・カンパニーは「世界を挑戦で満たす」をミッションに、挑戦する人や企業を応援する企業です。
そのために、業界のこと、企業のこと、私たちのことを正しく理解して知って欲しい。という想いで『しろくまnet』を運営しています。
挑戦する素敵な企業の情報をこれからもどんどん発信していきます!記事を見て、新しい何かに挑戦しようと思う方が増えると幸いです。私自身も素敵な出会いが毎日あり、とても充実した日々を送ることができています。

おわりに

しろくまnet編集長の熊井さんのChromeの使い方をご紹介しました。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。熊井さんの仕事観や過去の経歴はこちらからご確認いただけます。 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。