天空の街モトブン

モトブンの日の出

霧に包まれるモトブンの丘の上から見る幻想的な日の出 (C)Motovun Tourist Board / Romina Kotiga


クロアチアのイストラ半島に位置する小さな町、モトブン。「天空の町」とも呼ばれるその町は、ぶどう畑が延々と続くなだらかな土地にひょっこりと姿を現す小高い丘の上に建っています。また町の周囲に広がる森は「トリュフの森」と呼ばれており、黒トリュフのみならず、珍しい白トリュフが豊富に採れることでも知られています。

イストラ半島の町なかでも、特に中世の面影を濃く残しているモトブン。静かな石畳の小道を歩けば何百年も前にタイムスリップしたかのような気分に。モトブンが「天空の町」と称される所以は、丘の上という立地条件だけではありません。それは早朝、辺り一帯が真っ白な霧に包まれ、まるで町が空に浮かんでいるように見えるため。幻想的なその様子は、ジブリの「天空の城ラピュタ」のモデルになったという噂も……。

霧に包まれる神秘的な町を丘の麓から眺めるのも素敵ですが、丘の上から眺める景色、特に日の出がおすすめです。まだ空が暗い間に町丘の上に登り、夜が明けるのを待ちましょう。朝日に照らされうっすらと浮かび上がる、ぽつぽつと見える周囲の山や丘の様子は、真っ白な雲の海に点在する島々のよう。深い霧に包まれた雲の平原の向こう側から日が昇る光景は、この世のものとは思えないくらい美しく幻想的です。

モトブンの丘の上から幻想的な日の出を見るためには時期を選ぶ必要があり、運にも恵まれる必要がありますが、その光景を目にできたときの感動は一生ものとなるはずです!


モトブンが霧に包まれる季節

モトブンが霧に包まれる時期は10月~4月頃。特に11月末から2月頃に高確率で霧が発生します。お天気にもよりますが、この辺りは霧が発生しやすい地形で、寒い早朝、町が白い霧に包まれます。霧は前日のお昼に太陽により温められた地表熱が熱を空中に放射して起こる「放射冷却」により発生するため、温度差が激しいほど霧が発生する確率は高くなります。霧が発生するか否かはお天気次第ですが、よく晴れた日の翌日の朝は霧が発生しやすいようです。

ザグレブからモトブンへの行き方

交通の便があまりよくないモトブンに行くには、レンタルカーや専用(個人手配)車が一番便利ですが、バスを乗り継いで行くのが一般的な方法です。

モトブン

真っ青な空の下のモトブン (C)Motovun Tourist Board / Romina Kotiga

ザグレブからモトブンへ1本で行くことができるバスは基本的にありません。まずザグレブより長距離バスで「パズィン(Pazin)」という町まで3時間~3時間半かけて移動し、バスを乗り換える必要があります。パズィンからモトブンまではバスで1本、約30分程度で到着します。なお、ザグレブからパズィン行きの長距離バスは1日に8~10本程度ありますが、パズィンからモトブン行きのバスは1日に約2、3本と少ないので注意が必要です。乗り継ぎに良いバスがない場合は、タクシーで移動すると良いでしょう。パズィンからモトブンへはタクシーで約30分、料金は片道150クーナ程度です。

■ザグレブ~パズィン(バス)
・便数:1日に8~10本程度
・料金:片道160~180クーナ(約3072円~3456円)
・所要時間:3時間~3時間半

パズィン~モトブン(バス)
・便数:1日に約2、3本程度 ※冬季はバスが運行しない場合もあります
・料金:片道34クーナ(約653円)
・所要時間:約30分

その他都市からモトブンへの移動方法

ロヴィニやポレチュ、プーラなど、イストラ半島の他都市からアクセスする場合も同様。まずはバスでパズィンまで移動し、そこでバスまたはタクシーに乗り換えモトブンへ移動します。

■ロヴィニ~パズィン(バス)
・便数:1日に約2~6本程度
・料金:片道65クーナ(約1248円)
・所要時間:約40分~1時間半

■ポレチュ~パズィン(バス)
・便数:1日に約2、3本程度
・料金:片道35クーナ(約672円)
・所要時間:約40分~1時間

(2015年12月5日現在、1クーナは約19.20円)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。