呑川の上を歩く緑道へ

親水公園と緑道の違いを説明しておこう。例外もあるけれど、親水公園というのは、かつてあった川を再現し、川そのもの残している公園で、緑道は川があった場所を道にしているものだ。呑川橋を境に呑川親水公園が呑川緑道にかわる。
桜並木はまだまだ続く

呑川橋から先は川の上を歩く

ここから、川の上を歩く緑道となる。川からの景色を楽しみながら歩いて行きたい。
漢字と平仮名の2通りがある

緑道にも橋の案内板がある

ひとつひとつの橋の名前を確認しながら歩いて行くのも楽しいものだ。住居表示が深沢になるあたりに深沢橋がある。
小さいお子さんと歩いても楽しい散歩道だ

緑道にはちょっとした遊具もある

緑道のいたるとことに遊具が置かれている。小さなお子さん連れで歩いても楽しい散歩コースになるはずだ。さらに、このあたりはもみじなどもあって、紅葉シーズンはなかなかの景色となる。
桜のオレンジ色ともみじの紅葉が素敵だ

もみじの紅葉もいたるところで見ることができる

途中、ベンチがあったり、水飲み場があったりして、散歩者には楽しい道のりのだといえる。
次の橋は目黒区になる

柳橋が世田谷区最後の橋となる


緑道歩きの面白さのひとつは、区が変わると、その雰囲気がガラリと変わるところにある。この柳橋が世田谷区最後の橋となる。

次頁は目黒区の呑川緑道になります。