桜並木の続く、呑川親水公園

呑川(のみかわ)という名前の由来は、まさに呑めるほどの清らかな水が流れていたからこの名前がついたのだとか。
かつての呑川を想像させる

かつて、川におりていた階段の跡だろうか

中を歩くことはできないけれど、かつての呑川を想像させる、モニュメントが残されている。かつてはここに清流が流れていたのだ。
橋をたどるのも楽しい

かつての橋がそのまま残されている

いくつか橋を見ながら歩いて行くと、右側に銀杏並木が見えてくる。呑川とのコントラストがなんとも美しい。
桜の紅葉とともに楽しいコントラストだ

色づいたイチョウが呑川にそって続く

次々と景色が変わる。どの季節に歩いても楽しい発見があるはずだ。そして、いくつかの橋を過ぎると、いよいよ、呑川橋がやってくる。
ここから先は呑川の上を歩く緑道になる

呑川橋で親水公園は終わる

それまで両側の道を歩いてきた呑川だが、いよいよ緑道となり、ここからは呑川の上を歩くことになる。

さて次頁では呑川緑道を歩きます