写真を撮り始めると、良いシャッターチャンスはないかと探すこと自体が楽しくなってきます。灯台下暗しとはよく言ったもので、チャンスは案外近くに転がっているもの。日常生活では見過ごしがちなところに潜んでいます。そんなひとつの例をご紹介しましょう。

ガラスは被写体に魔法をかける

ガラス越し撮影

グラスに活けた花。このグラス越しの風景も実は絶好の被写体になる。


ここで紹介するシャッターチャンスのキーとなるのがガラスです。ガラス越しでものを見るだけで、被写体に魔法をかけたように見え方が変わることがあります。

また、単にガラス越しで見るだけではなく、もうひとつ大事な要素があります。それは水です。ガラスの向こう側に水滴や水が入っているものを通して被写体を見ることで、より変化が生まれます。

ガラス越しに撮影

ガラスについたしずくにピントを合わせて背景をぼかしてみた。これが背景にピントが合ってしまうと全く違う写真になってしまう。
 

水を通して見ると別世界

ガラス越しに撮影

水槽のガラス越しの金魚。これはわかりやすい例。応用すれば他にもガラス越しで撮れる場面はたくさんある。


水が入っているグラスなどを通して被写体を見ると、また違った趣になります。

水の中にある被写体を撮るときは、ガラス面ではなく被写体にピントを合わせます。オートフォーカスでは、ガラス面にピントを合わせてしまうことがあり、撮りたい被写体がピンボケに写ることがあります。そのような場合は、ピント合わせをするポジションを指示するフォーカスポイントを被写体に合わすか、マニュアルフォーカスにて手動でピント合わせをするのがいいでしょう。

次のページでは、ガラス越しで写す作例を紹介します。