ガラス越しのシャッターチャンスはたくさんある

身近にあるガラスといえば、窓ガラス、グラス、車や乗り物の窓などさまざまなところがあります。その数の分だけシャッターチャンスも生まれます。さらには、明るさやガラス越しにある被写体によって見え方も変わりますから、その組み合わせは無限大。

抽象的な雰囲気から被写体を特定したものまで、撮影を楽しむには持ってこいの撮影場面です。

ガラス越しに撮影

花茶と呼ばれる中国茶。グラスの湯の中に開いた花を眺めながら楽しむお茶。


ガラス越しに撮影

水槽に泳ぐ金魚をカメラの魚眼モードを利用して撮影。超広角で写してダイナミックに。


ガラス越しに撮影

グラスの中に入れた消臭効果のあるゼリー。こんなものもガラス越しに見ると素敵な一枚に。


ガラス越しに撮影

水族館のイソギンチャク。これもガラス越しに見る被写体のひとつ。




 




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。