【最新記事】
手軽でおいしい!コンビニスイーツ2016トレンド大予測

2014年のコンビニスイーツのトレンドと、2015年の動向を分析する本企画。前編では、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクスのヒット商品や販売戦略を解説します。

ローソンは、ピュアシリーズ本格展開&トレンドスイーツも多数発売


ローソンのピュアシリーズ

健康を気遣う女性やママ世代から支持を集めるピュアシリーズ。生菓子だけでなくパンや焼き菓子などラインアップは拡大中


素材や製法にこだわったプレミアムシリーズに加え、トレンドを反映させたスイーツを多数発売しているローソン。2014年度は、香料や保存料などの添加物などをできるだけ使わずに素材の味を生かして作った「ピュアシリーズ」をさらに本格展開。業界でも画期的な取り組みとして、大きな反響を呼んでいます。
「ピュアシリーズは女性のお客様の反応がとてもよく、『こういうスイーツを待っていた』『もっとラインアップを増やしてほしい』など、多くの励ましの声をいただいています」と語るのは、株式会社ローソン商品本部 ベーカリー・デザート部 部長の鈴木嘉之さん。「ピュアシリーズ」はこれまでプリンやチーズケーキなどの洋菓子をはじめ、杏仁豆腐や水ようかん、メロンパンやサンドイッチ、フィナンシェなど多ジャンルにわたる20品以上を発売。2015年以降はスイーツだけでなく、お弁当などのジャンルでもピュアシリーズを増やしていく方針だそうです。

ローソンのカップケーキ

中にクリームやソースを入れ、なめらかなバタークリームを絞ったカップケーキ。日本人の口に合うほどよい甘さも◎

またトレンドスイーツの部分では、2014年度は人気のアメリカンスイーツを積極的に取り入れてきました。とくに好評だったのは、見た目にも気分が上がるキュートなカップケーキ。一般的な常温での販売ではなく冷蔵のデザートとして提案し、季節ごとに変わるフレーバーでもファンを楽しませています。

ウチカフェフラッペ

猛暑の夏に大人気。清涼感溢れる「ウチカフェフラッペ」

また、夏を中心に累計1800万食を売るヒットを記録したのが、レンジで温めて食べる新感覚のフローズンドリンク「ウチカフェフラッペ」。2014年度は新たに「アサイーボウル」や「ストロベリーチーズケーキ」など女性に人気の新フレーバーを加え、全6品で展開。会社のデスクなどで食べるというニーズも多いことから、水滴が机につかないようにフレーバーごとにデザインの違うコースターを添付するという気配りも喜ばれました。
ここ1~2年、かき氷をはじめとする氷スイーツが流行っていますが、ローソンからも2015年はさらに進化した氷スイーツが登場するとか!?今から夏が楽しみです。

ローソンの焼き菓子

専門店の味づくりを生かし、焼き菓子でもオリジナリティを追求

そして、コーヒーとのセット買いなどで着実に売れ数を伸ばしているのが、焼き菓子のジャンル。ローソンでは、ヨックモックやブールミッシュ、アントステラなどの専門店とともに商品開発・製造を行ない、それぞれの得意分野を生かした本格的な味を提供しています。「『マチカフェ』の展開以降、焼き菓子は前年比120~130%で推移しており、今後もまだ伸びしろがあると考えています」(鈴木さん)。
さらに焼き菓子だけでなくサンドイッチのジャンルでも、コーヒーと相性のよいスイーツ系のサンドイッチを開発。2種類のマロンクリームを使った「モンブランサンド」や、「あんこ&ホイップサンド」など、おやつとしても楽しめるサンドイッチが好調な売れ行きを見せています。「サンドイッチのスイーツやクロワッサンドーナツのように、パンとスイーツの境界は年々ボーダレス化しているように感じます」と鈴木さん。今やコンビニスイーツは、従来のチルド商品だけでなく、売り場全体で語られる時代になっているのかもしれません。

バナナプディング

トレンド素材のバナナを使った「バナナプディング」(180円)。話題のスイーツを次々に商品化しています

2014年度も、様々な新戦略でコンビニスイーツの新しい可能性を感じさせてくれたローソン。気になる2015年度の方向性を尋ねると、鈴木さんは次のようなキーワードを説明してくださいました。
「昨今、ファッション業界や美容業界などで『ボタニカル』という言葉がよく聞かれています。『ボタニカル』とは、植物や植物性のものを意味する言葉。これをそのままスイーツに置き換えるのは短絡的ですが、その延長で例えばハーブや穀物を使ったスイーツなども面白いかな、と考えています」(鈴木さん)。
さらに2015年は、“香り”を意識したスイーツにも力を入れていくそう。2015年も美味しくて楽しいスイーツがたくさん登場しそうですね。

さて次ページからは、ミニストップの動向をチェック!