増税前に「貯蓄の増やし方」を伝授します

2019年10月には消費税率は10%に引き上げられるでしょう。今回は、今後ますます厳しくなる家計の支出の抑え方について解説をします。

見直して貯金額を増やす

見直して貯金額を増やす



1ヶ月あたり20万円の支出があった場合、現行の8%から10%に上がると、おおよそ月4000円、年間4万8000円の増税になります

(ただし、家賃や生命保険料など消費税が非課税のものもあります。詳しくは国税庁のHPで確認することができます)

注意しておきたいのは、増税前に住宅や車など高額が買い物をすませておこう!と家計にとって余計な買い物をしてしまうことです。購入費を準備できている場合は別ですが、増税前のキャンペーン価格や安売りに惑わされず、本当に必要なものか、支払いができるのかを冷静に考えてから購入しましょう。

将来、消費税率が引き下げられる可能性は少なく3%、5%の支出は継続的に増えます。増税前の駆け込み買いをして、支出をおさえるよりも、毎月、毎年のお金の動きを見直したほうが、家計のやりくりは上手にいくでしょう。

収入と支出を把握していますか?

家計には入ってくるお金と出るお金の2つがあります。収入と支出です。まずは、収入の方からみていきましょう。

今あなたは、収入がどれくらいあるかすぐに答えることはできますか?会社員の場合、給与明細書を見れば月給はわかりますし、年に1度会社からもらう源泉徴収票を見れば、年収もわかります。

では、「手取り」の月収や年収はどうでしょうか?手取りの収入とは、その月の総支給額から税金と社会保険料を差し引いた金額のことです。

家計にとって肝心なのは、実はこの手取り収入の方です。なぜなら私たちの生活は、実際に入ってくるお金である手取り収入によって支えられているからです。以下、年間で収入がわかるシートを紹介します。


年間の手取り額がわかるシート

年間の手取り額がわかる