Rubyに(*)をつけた

ガイド:
LILYちゃん、はじめまして。

LILY:
はじめまして。よろしくお願いします!
lily

LILY


ガイド:
今日はLILYちゃんのプロジェクト、Ruby*についてお伺いします。Ruby*の全貌がわかるようにいろいろお話ししてください。Rubyの後に(*)が付いていますが、これはどうして?

LILY:
この(*)は、Rubyだと、ルビーの付くタレントさんや、海外のアーティストさんや、プラグラミング言語に引っかかるので、(*)を付けたら検索でも引っかかると思ってつけました(笑)。結果としては、あまり意味がありませんでした(笑)。

Rubyというのは、もともと私が所属していた事務所のプロデューサーさんが、「君は色でいうとルビー色だね」という事で、命名されました。途中変えたりしたのですが、私自身でもルビーが一番しっくりしてる気がして、そのまま使ってます。

ガイド:

ソロ・プロジェクトとありますので、普段はひとりユニットなのですか? LILYちゃん以外のユニット構成員もいるのですか?

LILY:
ソロと言えばソロなのですが、一人でステージに立つことは、ほとんどありません。自分自身が、生楽器とエレクトロの融合が好きなのもあり、その時々のプロジェクトの内容によって、色んなアーティストの方にサポートしていただき、今のRuby*があります。現在ですと、今回のアルバムに参加していただいたメンバーや、サポートしていただいた方を中心としてライヴ活動をしてます。

エンジェルヴォイス

ガイド:
岡田徹さんの推薦コメントにも「エレクトロニカの森を通り抜けた岸辺に舞い降りたエンジェルヴォイス」とあります。LILYちゃんが自分の「声」というのを意識したのはいつくらいからですか?

LILY:
実は声を意識するというよりは、レコーディングの時に自分の耳で聞いて、この声を出せばいいんじゃないかと、楽曲を意識して歌っています。エンジェルボイスと岡田さんが帯に書いてくれた時は、ちょっと恥ずかしかったですが、とても嬉しかったですね。「声」というものを、心から意識しはじめたのは、一枚目のアルバムを出してから、数々のライヴを重ね、色々な楽曲を歌ってきた今が一番意識している気がします。