日本テレビ系は綾瀬はるか主演でホタルノヒカリ路線の『今日会社を休みます』、テレビ朝日系は『相棒』 『Doctor-X』のヒットシリーズ二作、TBS系はあまちゃん後初のクドカン連ドラ『ごめんね青春』、フジテレビはアニメ・映画連動の『信長協奏曲』と、各局エース級が投入される秋ドラマ。

まずは序盤戦、10月9日(木)から14日(火)までに始まるドラマを紹介します。

10月9日(木)スタート

『Doctor-X~外科医・大門未知子~』

テレビ朝日系木曜21:00~
脚本:林誠人、寺田敏雄、中園ミホ
演出:田村直己、松田秀知
プロデューサー:峰島あゆみ、西河喜美子、霜田一寿、菊地裕幸、大垣一穂
ゼネラルプロデューサー:内山聖子
主題歌: Superfly「愛をからだに吹き込んで」

出演:米倉涼子、遠藤憲一、内田有紀、勝村政信、渡辺いっけい、マキタスポーツ、高橋和也、木下隆行、内藤理沙、庄野崎謙、松島花、古谷一行、西田敏行、中尾彬、伊武雅刀、高畑淳子、岸部一徳、北大路欣也

「大門未知子(米倉)は豪華客船の事故に遭遇、その中にいた帝都医科大学附属病院の元院長・毒島(伊東)の病気に気づく。毒島は国立高度医療センターに入院、大門未知子は『私の患者だから手術させて』とやってくるが、そこは海老名敬(遠藤)を代表とする東帝大学病院と談合坂昇(伊武)を代表とする西京大学病院の二つの派閥が不毛な権力闘争をしていた。」

二つの派閥が対立しあう病院で大門未知子が活躍をする構図は前作と同じ。第一作の敵役を演じた伊東四朗が初回ゲスト、同じく前作の敵役を演じた西田敏行がレギュラーと再登場組が多いのですが、一番嬉しいのは遠藤憲一。「御意」といいながら葛藤する中間管理職ぶりが泣かせました。今作も期待できます。

内山ゼネラルプロデューサーが「今シリーズが最後、映画化もしない」といっていますが、前作が終わった時も同じことを言っていたのでどうなるかわかりませんね。

 

次は「10月11日(土)と12日(日)スタートのドラマ