ビクトリア随一の高級ホテルで楽しむアフタヌーンティー

蔦が絡まる外観は、フェアモントエンプレスの特徴のひとつ

蔦が絡まる外観は、フェアモントエンプレスの特徴のひとつ

英国よりも英国らしいといわれる町、ビクトリア。インナーハーバーという港を中心に広がる町の中で、その港の正面に立つのが、この町で一番の高級ホテル、フェアモント・エンプレスです。このフェアモント・エンプレスで体験したいのが、英国の伝統であるお茶を楽しむ習慣、アフタヌーンティーです。

格式高いティーラウンジで楽しむアフタヌーンティーは、やはり一味違います。では、そのアフタヌーンティーのメニューなどをご紹介しましょう。

※本文中のメニューや価格など、内容はすべて2014年10月現在のものです。


格調高いティーラウンジで、午後のひとときを

1908年創業の老舗ホテル。英国王室やハリウッドのセレブ御用達

1908年創業の老舗ホテル。英国王室やハリウッドのセレブ御用達

アフタヌーンティーが供されるのは、フェアモントエンプレス、ロビー階のティーラウンジ。建物の中央のわかりやすい場所に位置しており、場所は一目瞭然です。

テーブルなどの家具や調度品に至るまで、歴史の重みを感じさせてくれる重厚な雰囲気。ピアノの調べに耳を傾けながら、これから始まるアフタヌーンティーへ、気分の高揚を抑えきれません。


薫り高いエンプレスブレンドで始まるティーサービス

英国の高級陶器ウィリアムエドワーズを使用

英国の高級陶器ウィリアムエドワーズを使用

最初に供されるお茶はホテルオリジナルのエンプレスブレンド。これはインド、セイロン(スリランカ)、中国、ケニアなどのお茶をブレンドしたもので、飲みやすく、すっきりとした味わいです。ガイドはコーヒー党なので、普段は紅茶を飲むことはほとんどないのですが、これは何杯も飲むことができました。癖もなく、万人向けのお茶と言えましょう。

もちろん、エンプレスブレンドが口に合わない場合、他の紅茶に変えることも可能。アールグレイ、ダージリンなどの定番を始め、何種かのセレクションがあります。

追加料金が必要ですが、ジャスミンティーやウーロンティーへ変更することもできます。さらに、スパークリングワインやカクテルといったアルコールの追加注文も可能です。


アフタヌーンティーといえば、これ!ティースタンドのスイーツとサンドイッチ

見た目にも美しい数々のアイテム

見た目にも美しい数々のアイテム

アフタヌーンティーを象徴するアイテムといえるティースタンド。このトレイを彩るスイーツやサンドイッチはアフタヌーンティー最大の楽しみですね。

フェアモントエンプレスのスタンドは3段が基本。一番上にスイーツが5種類。真ん中にスコーン、そして、一番下にサンドイッチが5種類というメニュー。ガイドはかなり食が太いのですが、それでも十分ランチ代わりになる量です。女性なら間違いなく食べきれないでしょう。ホテルでもそういったケースは想定済みで、「残りは箱に入れて持って帰ることができますから」といって、箱をくれます。遠慮せず持ち帰り、あとでおやつにしましょう。

子供向けメニュー、プリンス&プリンセスティー

一般メニューのサンドイッチは小学生くらいなら十分に食べられるメニュー

一般メニューのサンドイッチは小学生くらいなら十分に食べられるメニュー

元々は大人の社交の場として始まったアフタヌーンティーですが、観光地ビクトリアなので、ファミリーで楽しむためのメニューも用意。それがこのプリンス&プリンセスティーです。大人のメニューに比べて、品数が少なめで、チョコレートスプレッドやラズベリージャムを使ったサンドイッチなど、子供が喜びそうなアイテムが並びます。このメニューは事前予約が必要なので要注意。

もちろん、大人と同じメニューを選択することも可能。12歳未満の子供なら、大人料金の半額です。

値段は張りますが、ビクトリアで贅沢するなら、これ!

このアフタヌーンティー、料金は59.95カナダドル。これに税金、チップを加えると、75カナダドル程度になりますので、かなり高額です。市中のレストランなら、夕食に飲み物をつけても、十分にお釣りが来るほど! ただ、せっかくのビクトリア滞在。少しは贅沢をしたいと考えるなら、このアフタヌーンティーはおススメです。後で思い出に残るステキな時間を過ごせること間違いなし。

<DATA>
Afternoon Tea at Fairmont Empress
住所:721 Government Street, Victoria, BC V8W 1W5
電話番号:250-384-8111
予約:推奨。特に夏季繁忙期は必須。予約サイトOpen Table(英語サイト)を使うと、会員登録やクレジットカード登録など面倒な手続き不要で、予約が可能
料金:59.95カナダドル。ただし、10月から4月の閑散期は49.95カナダドル。12歳未満の子供は半額。上記プリンス&プリンセスティーも同料金で可。いずれも税・チップ別
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。