コンパクトカーだと日産ノートの自動ブレーキシステムは世界最高レベル

ノート1

低燃費&免税でエコカーとしても人気の日産ノート

ここにきて日産がコンパクトカーの『ノート』にオプション設定の自動ブレーキを無料で装備するというキャンペーンを始めた。果たして日産の自動ブレーキはどんな性能を持っているのだろうか? 困ったことに日産自身、全くスペックをアピールしていないが、以下、ジックリ紹介したい。

ノートに組み合わされる自動ブレーキシステムのセンサーは『単眼カメラ』。1つのカメラで障害物や先行車との距離を測るというもの。これまで使われてきた4つのタイプの測距センサーとは違う。ちなみに測距センサーは『レーダー』(電波)、『レーザー』(光)、『ソナー』(音)、そしてスバルのアイサイトのように、人の目と同じく2つのカメラでチェックするシステムの4タイプ。

1つのカメラで障害物や距離を測るシステムを使う市販車は無かった。性能やいかに? 公表されているスペックを見る限り、アイサイトの性能を半分にした感じ、であります。
ノート2

キャンペーンでは「エマージェンシーブレーキパッケージ」へ無償でアップグレード

アイサイトほど正確に距離を測れないため、先行車に追随するクルーズコントロールは付けられず、10km/h以下も稼働しない。ただ、レーダーだと探知出来ない歩行者を見つけられたり、レーザーより遠くの距離を測れたりする。全てのセンサーを平均した程度の性能だと理解すれば間違いない。

日産によれば稼働速度域は10~80km/h。ステレオカメラやミリ波レーダーより低い速度域ながら、コンパクトカーや軽自動車に採用されるレーザー(30km/h以下)より圧倒的に優れている。日本の街中なら全てカバー出来ると考えてよかろう。

停車車両を感知して停止出来る速度は30km/hとなっているが、それ以上の速度域でも急ブレーキを掛ける。40km/hくらいまで停止出来る可能性は高い。参考までに書いておくと、フィットや新型デミオのレーザー式自動ブレーキの場合、31km/hなら自動ブレーキは全く機能しない。

レヴォーグに採用されているアイサイト3や、スカイラインに採用されている60km/hから停止出来る自動ブレーキにこそ届かないものの、ボルボを含めたそれ以外の本格的なシステムと同等の性能を持つ。コンパクトカークラスだと現時点で世界最高の自動ブレーキシステムだと理解していい。

単眼カメラでも「歩行者の感知」を実現している

ノート3

コンパクトカーを自動ブレーキシステムで決めるなら、日産ノートはイチオシ!

価格で考えても、センサーは安価な単眼カメラ1つでOK。レーザーより高価ながら、アイサイトのような大げさなステレオカメラや、高価なミリ波レーダー(機能的には航空機用のレーダーと同じ)よりリーズナブル。価格的にも平均値といったイメージ。実際、本来のオプション金額は8万4000円である。

なにより歩行者を感知出来るのが大きな特徴で、今まで歩行者を感知しようとすれば、ステレオカメラか、レーダーorレーザー+単眼カメラという凝ったシステムを必要とした。歩行者を感知しようとした途端、複雑かつ高価なシステムになってしまうワケ。ノートはそれを単眼カメラだけで実現している。

以上、もしコンパクトカークラスの購入を考えていて、自動ブレーキシステムの性能で決めようと思っているなら、日産ノートがイチオシである。文頭に書いた通り、今なら自動ブレーキを絶賛無料サービス中。アクセルとブレーキを踏み間違えた時のパワーコントロールもオプションで追加できます。

【最近の記事】
マツダ新型「デミオ」ガソリン車の実力やいかに?
マツダ新型「デミオ」正式発表! 気になる評価は?
マツダ新型「ロードスター」が早くも話題騒然のワケ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。