新型デミオ・ガソリン車の評価は? フィットとの比較から考察

マツダ新型デミオ13S

マツダ新型デミオ13S

発売前から大いに話題を集めているマツダ新型デミオながら、レポートの中心はディーゼルエンジン搭載車である。ガソリンエンジン車についての情報を探すと案外少ない。あまり評価できないのだろうか。果たして新型デミオのガソリン車の実力やいかに? ライバルであるホンダ・フィットと比べたい。

ちなみに「トヨタ・ヴィッツや日産ノートはどうなのか?」と思う人もいるかもしれない。結論から書くと、ヴィッツの場合、クルマを購入するときにメディアなどで情報を得るようなアンテナを持っているような人ならおすすめしない。いかなる自動ブレーキも選択不可。今や軽自動車だって自動ブレーキが必要。

ノートは搭載されているエンジンを考えれば高価。79馬力しかない3気筒の1.2リッターで、本来なら110万円程度のクルマに搭載されているもの。なのに134万1360円もする。もちろん20万円程度の値引きが狙えるなら、優れた自動ブレーキも装着出来るので良いチョイスだと思う。

ということで強力なライバルはフィットである。マツダもフィットに狙いを定めているらしく、価格はほぼ同じ。自動ブレーキやサイドエアバッグなどを装備するデミオの『13S』は145万8000円で、自動ブレーキをオプションで付けたフィットの『13G Fパッケージ』と全く同じ。
ホンダ・フィット13G Fパッケージ

ホンダ・フィット13G Fパッケージ


デミオとフィット 「ドチラにする?」と聞かれたら……

マツダ新型デミオ写真2

「走り」ではデミオがやや優勢?

フィットの優位点は驚くほど広いキャビンスペースだ。成人男性でゆったり座れるリアシートを持ち、さらにラゲッジスペースまで残す。デミオのリアシートは成人男性で何とか座れるサイズ。この点ではヴィッツなどと同等だ。広さを必要とするならフィットを基本に考えたい。

走りという観点で評価すると、デミオがやや優勢。動力性能についちゃ引き分けレベルなのだけれど、乗り心地の質感が高い。デミオとフィットを乗り比べれば、誰でも「デミオの方がいいね!」と感じることだろう。フィットがキャビンスペースを、デミオは一回り上のクルマの乗り味を売りにしてます。

燃費に関してはジックリ比較テストしていないので大雑把に受け取って頂きたいが、ストップ&ゴーの多い街中だとCVTのフィット有利。流れの良い道や高速道路では6速ATのデミオ有利だと考えればよかろう。ただ、乗り方による差の方が大きい。決定的な優劣は付かないだろう。

「あんたならドチラにするか?」と聞かれたら「キャビンスペースが必要ならフィット。クルマとしての楽しさを重視するならデミオ」と答える。そもそもこのクラスを買うならディーゼルにします。ガソリン車を選ぶのは年間走行距離が6000km以下の使い方に限る。それ以上走るならディーゼルかハイブリッドの方が安く付く。

マツダ新型デミオ写真3

ガソリン車を選ぶべきかの決め手は年間走行距離だろう

もう一つはディーラーの対応と見積もり金額を見て決めるという手もある。こうなると値引きをしてくれるノートが急にショッピングリストに浮上してきたりして。いずれにしろ安い買い物じゃないので、全ての車種に試乗し、前述の長所と弱点をよ~くチェックして頂きたい。

【最近の記事】
マツダ新型「デミオ」正式発表! 気になる評価は?
マツダ新型「ロードスター」が早くも話題騒然のワケ
スバル WRX S4/STI新型発売!試乗レポート


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。