大きくなったディスプレイ、片手持ちへの影響は?

iPhone 6/6 Plusで最も大きな変化といえるのは、やはりディスプレイサイズではないでしょうか。iPhone 5sまでは4インチサイズのディスプレイを採用し、片手で利用できるコンパクトなサイズ感を重視してきました。ですがiPhone 6は4.7インチ、iPhone 6 Plusはなんと5.5インチと、ディスプレイサイズを大幅にアップさせています。

Androidでは既に5インチ以上のスマートフォンが主流となっており、スマートフォンの大画面化が進んでいることから、こうした変化はある意味時代の変化に即した、順当なものといえるでしょう。実際、iPhone 6 Plusで動画を視聴すると、従来よりも迫力ある映像が楽しめるなど、大画面が大きなインパクトをもたらしいることがよく分かります。

iPhone 6

5.5インチのiPhone 6 Plusで動画を視聴しているところ。迫力は段違いだ


ですがディスプレイサイズの大型化は、本体サイズの大きさにも影響してきます。特に日本では、海外と異なり文字入力などほとんどの操作を片手でするのが一般的なことから、大画面化が片手操作にどのような影響を与えるのかは気になるところです。実際のところ、iPhone 6/6 Plusは片手で操作しやすいサイズ感なのでしょうか。

結論から言いますと、iPhone 6は片手での操作に違和感がないサイズ感で、iPhone 5/5sと比べても劇的に大きくなったという印象はありません。従来機種の使い勝手を維持したまま買い替えるのであれば、iPhone 6が順当な選択といえるでしょう。

iPhone 6

iPhone 6(左)とiPhone 5s(右)とのサイズ比較。iPhone 6の方がやや大きいが、劇的な差がある訳ではない

iPhone 6

筆者の手でiPhone 6を片手操作してみたところ。画面の隅々までとはいかないが、片手でも親指で、ある程度の範囲は操作できる


一方でiPhone 6 Plusは、iPhone 6をさらに一回り以上大きくした印象です。片手持ちを考慮する上では、幅が77.8mmと最近のスマートフォンの中でもかなり広いこともあり、すべての操作をするのは難しいといえます。それゆえiPhone 6 Plusは、片手での操作はある程度割り切って、動画やゲームをフルに楽しみたいという人に向いたモデルといえるでしょう。

iPhone 6

iPhone 6 Plus(左)とiPhone 6(右)との比較。サイズ感が明確に異なっているのが分かる

iPhone 6

筆者の手でiPhone 6 Plusを片手操作してみたところ。親指が画面中央までしか届かず、幅の広さもあって全ての操作を片手で済ますのは難しい


次は、iPhone 6/6 Plusの機能面の進化について説明します。