薄型化の一方で丸みを帯び、持ちやすくなった

9月19日に発売された「iPhone 6」と「iPhoe 6 Plus」。従来より大型化されたディスプレイをはじめとして、これまでのiPhoneとは異なる変化を遂げていることから、その使い勝手が気になるという人が少なくないでしょう。では実際のところ、新iPhoneはどのような点が変化し、使い勝手に影響を与えているのでしょうか。発売直後に実際に触れてみた印象から、両機種の特徴と使用感について触れていきましょう。

iPhone 6とiPhone 6 Plusは、カメラの光学手ブレ補正など一部に違いはあるものの、ディスプレイサイズ以外の基本的な部分は、おおむね共通しています。サイズ感を除けばデザイン的な特徴はほぼ同じといえるでしょう。

実際に触れてみると、iPhone 5sと比べ全体的に丸みを帯びたことが分かります。iPhone 5/5sも角の部分には丸みがありましたが、側面はほぼ垂直となっており、iPhone 4から踏襲されたスクエアな印象を与えるデザインとなっていました。ですがiPhone 6/6 Plusでは、側面も角がなく、丸みを帯びたデザインに変更されたことで、握った時に柔らかい印象を与えるようになっています。

iPhone 6

iPhone 6は丸みを帯びたデザインに変化している

iPhone 6

背面はこのような感じ。イベントでの撮影のため盗難防止器具がついているのはご容赦頂きたい


iPhone 6が6.9mm、iPhone 6 Plusが7.1mmと、iPhone 5s(7.6mm)と比べ大幅に薄くなっているのも大きな特徴です。とはいえ側面に丸みがあることから、薄いからといって持ちづらさを感じることはありません。見た目の薄さと、持ちやすさを両立させていることが分かります。

iPhone 6

側面から見たところ。iPhone 6は6.9mmと、iPhone 5sと比べ0.7mm薄くなっている


本体カラーはiPhone 6/6 Plus共に、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。iPhone 5sのカラーを踏襲しており、高級感のある落ち着いた印象を与えています。

次は、iPhone6/6 Plusのディスプレイとサイズ感について説明します。