高級車市場にボルボS60/V60が安全とスポーティな味付けで挑む

ボルボV60 T4 Rデザイン プラス

エンブレム付フレームレスブラックフロントグリルやLEDポジショニングライト付専用フロントバンパー、18インチの専用アルミホイール&タイヤなどを装備し、ワゴンのV60は479万円、セダンのS60は459万円

ロールスロイスやフェラーリなどの超高級車は別格として、高級車ブランドほど難しいものはないだろう。トヨタのレクサスは北米で成功しているものの、欧州では苦戦し、日本でも思うような成果を得ているかトヨタのホンネは分からない。

日産のインフィニティやホンダのアキュラも、世界的にはメルセデス・ベンツ、BMW、アウディのドイツ御三家ほどの地位を占めているとはいえない。

そんな中、スウェーデンのボルボは、フォード傘下から中国の吉利(ジーリー)傘下に移っているが、フォード時代よりもクルマ作りの自由度が増しているような印象で、最近発表されたフラッグシップSUVのボルボXC90など、スタイリングの面でもエンジニアリングの面でも見どころが多い。

ひと言で言えば、年々洗練されているわけだが、今夏登場した特別仕様車の「ボルボS60/V60 T4 Rデザイン プラス」もそんな一台だ。

「ポールスターの雰囲気」を味わえる特別仕様車

ボルボV60 T4 Rデザイン プラス

リヤバンパーは専用ディフューザー付で、デュアルスポーツテールパイプも専用品

また、メルセデスの「AMG」、BMWの「M」、アウディの「S」など、高級車ブランドに欠かせないスポーティ仕様も充実させている。ボルボは、従来から「Rデザイン」を用意しているが、「ポールスター」というチューナーによる超スペシャルな仕様も新たに商品化している。

今回取り上げる「ボルボS60/V60 T4 Rデザイン プラス」は、Dセグメント(ミドルサイズ)セダンのS60とステーションワゴンのV60に設定された特別仕様車。

歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステムの「ヒューマンセーフティ」をはじめ、全車速追従機能付のアダプティブ・クルーズ・コントロールなど10種類もの先進安全装備を用意しているのが自慢だ。

さらに、1.6Lの直列4気筒直噴ターボ「T4エンジン」のパワー/トルクを向上させる「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ(20万5715円)」を無償でインストールするという大盤振る舞いのキャンペーンも行われているから、いまS60/V60を狙っているなら見逃せない仕様になっている。

次ページは、「S60/V60 T4 Rデザイン プラス」の気になる走りについて