ワゴン派生型SUVのV60 Cross Country(クロスカントリー)

ボルボV60クロスカントリー

全長4640×全幅1865×全高1540mmのスリーサイズで目を引くのが1550mmに収まる全高。ロードクリアランスは200mmと余裕十分だ


ステーションワゴンのボルボV60をベースに、SUV風に仕立てられたV60 Cross Country(クロスカントリー)が2015年秋、日本に上陸した。

ボルボのSUVといえば、本格SUVといえるXC60があるから少々ややこしいが、ワゴンのV60、本格SUVのXC60の間に位置するのがV60 Cross Country。

タワーパーキングに収まる全高1540mmという全高でありながら、200mmという本格SUV並の最低地上高が確保されているのが大きな特徴で、ワゴンではロードクリアランスが不安だけど、本格的なSUVまでは不要というニーズにマッチする。

ワゴン派生型で、似たようなコンセプトで仕立てられているのは、スバル・レガシィ・アウトバック、フォルクスワーゲン・ゴルフオールトラック、アウディのA4とA6のオールロードクワトロなどがあるほか、ボルボXC70もあるがこちらはモデル末期。

エンジンはディーゼルとガソリンを用意

ボルボV60クロスカントリー

ボルボが注力するクリーンディーゼルエンジン。2.0Lの直列4気筒ターボは、190ps/4250rpm、400Nm/1750-2500rpmというスペックで、気になる燃費は19.5km/L


V60 Cross Countryのパワートレーンは、2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボで自社製の「DRIVE-E」エンジンと、フォードグループ時代の2.5Lの直列5気筒ガソリンターボを設定している。

ディーゼルは新開発の8AT(2WD)、ガソリンは6AT(4WD)との組み合わせ。ただし、ガソリン仕様もT5と呼ばれる直列5気筒エンジンを単に引っ張り出してきたのではなく、新しい型式に変わり手が入れられているそうだ。

ライバルは、ワゴン派生型では先述したようにレガシィ・アウトバックやアウディA4オールロードクワトロ、あるいはゴルフ・オールトラックなどがあるほか、背高系ではない通常のステーションワゴンもあげられるだろう。ワゴンではメルセデス・ベンツCクラスステーションワゴン、BMW3シリーズツーリング、A4アバントあたりか。

次ページは、ボルボV60 Cross Countryの走りについて