20年前には無かったのに、今では当たり前のようにある物があります。逆に20年前は多くの家で見かけたのに、今はほとんど見ない物もあります。リフォームでは、時代に合わせた暮らし方から、新しい住まいのカタチを考えていくことが必要です。

築20年の家は、20年前の時代にあわせて建てられている

20年前に多かったタイルのお風呂。イマドキはシステムバスが主流となっている。

20年前に多かったタイルのお風呂。イマドキはシステムバスが主流となっている。

水まわりのリフォームの好機は築20年前後にやってきます。その時期にあわせて、壁や床を張替えたり収納の見直しをしたりする家も多いことでしょう。

しかし、古くなった設備や内装をただ新しくするだけでは、今の時代に暮らしやすい家にはなりません。築20年の家は、20年前の時代にあわせて建てられているからです。例えば持ち物ひとつとっても、20年前にはほとんど見かけなかったのに、イマドキの家にはたいていある物があります。

 

20年前には無かった物の代表はパソコン

イマドキの家にはパソコンや充電のためのスペースが確保されていることが多い。

イマドキの家にはパソコンや充電のためのスペースが確保されていることが多い。

この記事をご覧になっている方々の約半分は、パソコンからご覧頂いていることと思います。そして残りの半分の皆様はスマホや携帯からご覧頂いています。さてそのパソコンはどこに置いてありますか?スマホや携帯はどこで充電していますか?

総務省の調査によると、日本におけるインターネットの普及率は、20年前には10%にも満たなかったのですが、そこから急激に延び、今では80%を超えています。住宅展示場へ行くと、新しい家には必ずと言っていいほど、パソコンや充電のためのスペースが確保されています。でも20年前の家にはそんなコーナーを見かけることはほとんどありませんでした。

 

完成された空間にいきなり登場したパソコンデスク

売れ筋のプリンターのサイズは、幅45cm、奥行き35cm程度。意外とかさばる。

売れ筋のプリンターのサイズは、幅45cm、奥行き35cm程度。意外とかさばる。

築20年ほどのお宅におじゃました時、目につくのがこのパソコンデスクです。完成されたステキなインテリアのリビングの片隅にいきなり現れた異物のような存在。絡み合うコード。掃除がしにくいという悩みはもちろんですが、そこから全体のバランスが崩れて、リビングが散らかるのをあきらめるようになったという声を聞くこともありました。

また意外に困るのがプリンター置き場です。パソコンは無くても、年賀状やデジカメからの印刷で、家庭用プリンターを使っている家もあります。売れ筋のプリンターのサイズは、幅45cm、奥行き35cm程度。意外とかさばります。

ちなみに昔、多くの家にあったプリントゴッコは、プリンターにとってかわられて既に販売を終了しています。家庭用プリンターの普及率は90%というデータもありますので、これからの家づくりにはパソコンスペースはもちろん、プリンター置き場を考えておくことが必要です。

 

20年前にはどこの家にもあった百科事典

リビングの本棚には大きくて立派な百科事典が並んでいた。

リビングの本棚には大きくて立派な百科事典が並んでいた。

パソコンが台頭した代わりに、家から消えた物もあります。ひと昔前、リビングの本棚には大きくて立派な百科事典を並べておくのが定番でした。しかしブリタニカ百科事典の書籍版は既に廃刊になっています。

その境目となったのが今から約20年前です。1993年を境にパソコンの普及がぐんと延びた代わりに、ブリタニカ百科事典の売り上げが急激に落ち込みました。イマドキのリビングに必要なのは、百科事典を入れる本棚ではなく、パソコンを快適に使いこなすことができるスペースというわけです。

 

次のページでは、リビングにある物で、もうひとつ大きく変わった物!減った収納もある?築20年のリフォームで考えておきたい大切なことです。