ルイボスティー
一日のどんな時でも、誰でも飲める!

気軽で飲みやすいことから人気なのがルイボスティー。ルイボスが栽培されるのは、南アフリカのセダルバーグ山脈の限られた場所(標高300~600mくらい)。昼夜の気温差が激しい場所として知られ、土壌はミネラルを豊富に含んでおり、ルイボスは地面からたっぷりと栄養を吸収して育ちます。
香りも味もとても穏やか

香りも味もとても穏やか



ルイボスティー最大の特徴は、カフェインフリーなところ。しかし、これだけではありません。ノンカロリーで、しかも体には欠かせないミネラルなど、よい成分がたくさん含まれているところも注目です。

 ルイボス
ミネラル補給にもおすすめ

ミネラル補給にもおすすめ


科名:マメ科
学名:Aspalathus linearis
科名:マメ科
使用部位:葉

期待される主な作用:生活習慣病、がんの予防、便秘改善、アレルギー対策、美肌など


ルイボスティーに含まれる主な成分:リン、鉄、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、銅、亜鉛、タンパク質、タンニンなど


ルイボスティーの入れ方 ティーカップ1杯分
ティースプーン 1杯(約2g) 
熱湯を加え5分浸出


茶こしは、目の細かいものを使用することをおすすめします。二煎目を入れることも可能で、熱湯を加え5分浸出させてみてください。

もっと飲みたい場合は?
二煎目を入れられるなら、三煎目は?と考えますよね。三煎目を入れるなら、熱湯を注いで10分浸出させます。少し薄い味わいですが試してみても良いかもしれません。四煎目は、あまりおすすめしません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。