初心者ほど稼げるキーワードはお勧めではない理由

稼げるキーワードは初心者にお勧めでない理由

稼げるキーワードは初心者にお勧めでない理由

インターネット上の様々なサイトやブログで、稼げるキーワードが紹介されていますが、そのほとんどはライバルが多いと予測できます。

なぜなら、アフィリエイトは稼ぐためにしているという人がほとんどなので、稼げるキーワードほど多くのアフィリエイターが参入するから。

どんなに稼げるキーワードでも、実際に稼げるのはヤフーやグーグルの検索結果で1位から10位以内(検索結果の1ページ目)。または20位以内(検索結果の2ページ目)までだと言われています。

なぜなら、ほとんどの検索ユーザーは、検索するときに検索結果の1位から10位以内(検索結果の1ページ目)、または20位以内(検索結果の2ページ目)までしか見ないからです。

実際どんなに人気の検索キーワードでも、検索結果の3ページ目以降の表示だとアクセスはかなり少なくなります。

もちろんヤフーやグーグルで3ページ目以降の表示になっても、報酬に繋がることもありますが、検索順位が低くなればなるほどアクセス数が低くなるので、稼げる金額も少なくなるはずです。

つまり、いくら稼げるキーワードでも、ライバルが多ければSEO対策のスキルが高い一部のアフィリエイターしか稼げないのです。むしろ有力なキーワードほど、SEO対策のスキルが高いアフィリエイターが集まるので、初心者ほど稼げにくくなるはずです。


ライバルが少ないキーワードほど初心者にお勧め

よくアフィリエイトで稼げるキーワードの例として挙げられるのが「レーシック」や「キャッシング」や「クレジットカード」です。

確かにこれらのキーワードでヤフーやグーグルの検索結果で上位表示できれば稼げるはずですが、初心者にはまず無理な話だと思います。なぜなら稼げると有名なキーワードほどライバルが多く、ヤフーやグーグルでブログやサイトを上位表示させるには高いSEO対策のスキルが求められるからです。

ということはライバルが少ないキーワードほど、ライバルが少ない分だけSEO対策の負担が軽減されるので初心者でもブログやサイトを、ヤフーやグーグルの検索結果の上位に表示しやすくなります。

その為、初心者ほど稼げるキーワードよりも、ライバルの少ないキーワードに注目しましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。