大阪大学との高大連携などを実施

授業日数を確保するために前・後期の二学期制をとり、1年間を通してメリハリのある学習指導をしている。全学年とも夏は、8月20日から授業を始めている。授業時間は、65分×5現授業を実施し、時間数を確保。

土曜日の活用としては、年間30種類の「学問発見講座」や、大阪大学との高大連携などの実施を通じ、最先端の研究に触れて視野を広げるとともに、進路への目的意識を高めている。

茨木高校の大学進学実績

2009年度の主な実績としては、国公立大では京大32名、大阪大49名、神戸大38名など。私立では、早稲田14名、慶應義塾5名、同志社147名、立命館249名、関西学院93名、関西94名などとなっている。

茨木高校の入試傾向

入試は3月16日(2010年度)。入試科目は国・数・英(リスニング含む)・理・社。国・数・英は各50分、理・社は各40分。

合否は学力検査と内申点の合計点で決定し、学力検査:内申点=6:4。ともに85%以上は欲しいところだ。今年は募集定員320名に対し、男子238名、女子235名が応募。競争率は1.48倍だった。

主な併願先は、男子は、関西大倉、清風、明星、女子は、関西大倉、四天王寺、京都女子などとなっている。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。