第4位 日本人形

ソーラー電池で動く舞妓さん人形

ソーラー電池で動く舞妓さん人形

この頃は「こけし」も「こけしボールペン」や「こけし傘(柄がこけし)」に進化を遂げ、舞妓人形はソーラーパワーで動き出します。ソーラー人形は、そのコミカルな動きが笑いを誘い、よく売れているとのこと。武士、忍者など種類もたくさん。

ホームステイ先のお土産にするのであれば、日本のカワイイ文化そのままの人形がオススメ。


第3位 寿司グッズ

お寿司のUSBメモリーおみやげセット 海老 8GB

お寿司のUSBメモリーおみやげセット 海老 8GB

寿司型USB、寿司キャンドル、寿司キーホルダー、寿司消しゴム、寿司マグネットなど、
寿司をモチーフにしたおみやげは何でも喜ばれる?ようです。

少し前までは、「生の魚を食べるの?」みたいな反応もあったのですが、すっかり世界的市民権を得た「寿司」。寿司文化は衰えを知らず年々海外各地に浸透しています。消しゴムは小さい女の子に二重マル、USBも実用的でマル。


第2位 Tシャツ

忍者Tシャツundefined黒 LLサイズ

忍者Tシャツ 黒 LLサイズ

日本人はあまり観光地でTシャツを買いませんが、外国の方は「いかにも」という柄が大好きで、日本であれば、漢字Tシャツ、寿司Tシャツ、忍者Tシャツなどが好まれています。

でも、プレゼントとなると一番悩むのがサイズ。欧米人にはLLサイズや3Lサイズがベターも、ホストはアジア系の場合もあり、判断に迷うところ。なので、いっそのこと自分で着てはいかがでしょう(お土産ではありませんが)。ステイ先にとっても、学校のクラスメイトにとっても忘れられない「日本人」となること間違いなしです!

第1位 外国人向けキモノ・ユカタ

外国人向け綿きものundefined菱文字 ワイン色undefined

外国人向け綿きもの 菱文字 ワイン色 

着物は外国人にとって日本の文化でありちょっとした憧れ。一度「着てみたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。同店では外国人の方でも簡単に着られるように仕立てられたキモノ・ユカタを用意。帯もベルト感覚で簡単に結べて便利です。

部屋着やバスローブ代わりにカジュアルにキモノを着て楽しく過すことができる、そんなお土産です。

お土産のネタを仕込もう!

ホームステイする家庭は、概ね年間を通じて様々な国から留学生を受け入れているので、時としてリビングがお土産で埋め尽くされているケースもあります。

「自分が日本から持ってきたお土産とほぼ同じものがそこにある!」なんていうことも目面しくはないかもしれません。

記事では、訪日観光されている外国の方の嗜好をご紹介しましたが、お土産品の役割は、モノとしてのお土産そのものよりも、それを渡す際の会話や、何か聞かれたときの説明でお互いの距離が近くなる役割を果たすことだと思います。

同じお土産が既にホスト宅にあっても、それはそれで、「また、コレクションが増えましたね」くらいの感覚で十分と割り切りましょう。

それよりも、そのお土産に関するネタをたくさん仕込んでいき、ファミリーとの会話が弾めば、それだけ生きた英語が学べるはずです。

【取材協力】
「日本のおみやげ専門店」京都シルク株式会社
住所:〒606-8323 京都市左京区聖護院円頓美町21 
京都ハンデクラフトセンター4階  京都シルク株式会社
TEL (075)761-5331 FAX (075)761-5332
E-mail: sales@japanesegift.jp


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。