プロ野球/プロ野球 関連コラム

日本ハム・大谷が96年ぶりに神様ルースに並ぶ快挙

日本ハムの大谷翔平選手が、日本球界初の2ケタ勝利&2ケタ本塁打を記録。1918年のベーブ・ルース以来となる、96年ぶりの大記録となった。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

投手として10勝、打者として10本塁打は通過点

150年に及ぶ大リーグの歴史の中でも、同一シーズンに“2ケタ勝利&2ケタ本塁打”を記録したのはルースのみ。大谷はそれに並んだのだ。

150年に及ぶ大リーグの歴史の中でも、同一シーズンに“2ケタ勝利&2ケタ本塁打”を記録したのはルースのみ。大谷はそれに並んだのだ。

それは、1918年のことだった。1916、17年と2年連続20勝を挙げていたレッドソックスのベーブ・ルースは1918年5月、当時のエド・バロー監督に呼ばれてこう言われた。「君は打撃のパワーもある。先発しない時に外野や一塁を守る気はないか」。投手としてローテーションの柱だったが、それまでも打撃がいいため代打での出場も少なくなかったルースは、“ゲームに出たい一心”で二つ返事で承諾した。そのバックボーンにあったのは、第1次大戦が激化し、徴兵される選手が多くなり、どのチームも選手不足に苦しんでいたことが挙げられる。

このシーズンは、投手として20試合に登板(18試合で完投)し、13勝7敗。打っては95試合の出場(登板時を含む)で、自身初の2ケタとなる11本を放って初の本塁打王に輝いた。ルースの“二刀流”は、この年と翌1919年(9勝、29本塁打)の2年間だけで、1920年にヤンキースへ移籍してからは野手に専念し、当時大リーグ歴代最多(現在3位)の通算714本塁打を残している。

もうおわかりのように、150年に及ぶ大リーグの歴史の中でも、同一シーズンに“2ケタ勝利&2ケタ本塁打”を記録したのは、1918年のルースしかいない。その記録に96年ぶりに並んだ初めての日本人が、日本ハムの大谷翔平投手(20)なのだ。

新たな伝説を作ったのは9月7日、京セラドーム大阪で行われたオリックス戦の四回だった。吉田一の141キロ真ん中高めストレートに対して、振り抜いたバットが背中にぶつかるほどのフルスイングをした大谷の打球は、弾丸ライナーでプロ入り初となるバックスクリーンへ今季10号となって消えた。「打った瞬間は弾道が低かったので、入るかどうかわからなかった。思ったよりも伸びてくれました。しっかりととらえたのがよかったです」。投手として8月26日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で10勝目を挙げているため、日本球界初の2ケタ勝利&2ケタ本塁打を記録したというのに、大谷はいつもように淡々と振り返る。大リーグを見渡して1918年のベーブ・ルース以来96年ぶりの快挙と知っても「ベーブ・ルースの映画を見たことはあるが、記録のことは気にしていなかった。他の打席でも打てそうな球があったし、(本塁打したことより)ミスショットの方が気になる」と課題を口にするあたり、末恐ろしい20歳と言わざるを得ない。

栗山監督は「まだ10本か……。本音をいえば、別にやっていることは大したことない。もともと持っているものが出ている中で、やることと努力して積み上げてきたものは違う。高卒2年目とか何歳とか、そこであいつをみようというのは大間違い。当たり前に出ないといけない数字」という。投手として10勝、打者として10本塁打は、大谷にしてみれば通過点であり、まだまだ上を目指せる、いや、目指さなければいけないと言っているのだ。

“野球の神様”に96年ぶりに並んだプロ2年目の大谷。「投手に専念した方が」という一部の声を自らのバットで封じ込め、“二刀流”を当然のスタイルへと変えていく。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でプロ野球グッズを見るAmazon でプロ野球の関連商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます