プロ野球選手はいったいどんな趣味を持っているのか? 選手名鑑をもとに、日本プロ野球所属の800名超の選手が自己申告した趣味を集計した。

はじめに


プロ野球観戦のお供には「選手名鑑」がつきものだ。選手データを確認する・知らない選手の名前を調べるなどとともに、ゲームではわからない選手の横顔を知ることができる。「選手の趣味」はおそらくその一つだろう。

そこで、選手名鑑に記載されている「趣味」の項目を集計してみた。かつて荒くれ男どもが集っていたころのプロ野球界ならば「飲む・打つ・買う」が趣味の王道かと思われるが、果たして最近はどうなのだろうか。

さて、集計には『週刊ベースボール』の2007年プロ野球全選手写真名鑑号を用いた。同誌に掲載されている現役選手816名(育成選手枠23名を含む)の「趣味」を重複回答込みでカウントした。

プロ野球選手の趣味ベスト10


では早速、プロ野球選手が回答した趣味のベスト10を見ていこう。

【総合 ベスト10】

1位 音楽鑑賞 157人
2位 映画鑑賞(DVD・ビデオ鑑賞含む) 96人
3位 釣り 73人
4位 ゴルフ 69人
5位 買い物(ショッピング) 67人
6位 ドライブ 41人
7位 読書 36人
8位 スポーツ観戦 35人
9位 ゲーム(TVゲーム) 23人
10位 カラオケ 19人


結果を見ると、上位は案外ありきたりだ。1位・2位の音楽鑑賞・映画鑑賞などは、「プロ野球選手ならでは」とは言えない印象だ。しかし、「釣り」は特徴的かもしれない。スポーツとしては、4位のゴルフを抑えての堂々の3位だ。

9位の「ゲーム」は時代を反映している。最近では春期キャンプなどでゲーム機を持参する選手も多い。以前はキャンプ生活と言えばそれこそ「飲む・打つ・買う」的な生活、すなわち練習が終われば夜の街に繰り出す・もしくは麻雀や競馬などにいそしむという過ごし方が典型的な「野球選手」の姿だったのだが。

8位に食い込んだ「スポーツ観戦」だが、やはり野球選手もアスリートである。上記集計は漠然と「スポーツ観戦」と記されたものに「サッカー観戦」「格闘技観戦」などを含んだものだが、この他にも「アメフト観戦」「高校野球観戦」などの回答があった。

では次に、スポーツだけに絞り込んだベスト10を紹介しよう。

【野球選手の好きなスポーツは?】→