マンデーパリーグとは?


パ・リーグはかねてから、人気を盛り上げるためにセ・リーグとは異なるシステムを採用してきた。DH制度、プレーオフ、予告先発などなどだ。その一環として2001年から導入されたのが、”マンデーパ・リーグ”だ。

パ・リーグは、セ・リーグが休養日・移動日にあてる月曜日にゲームを開催することで差別化をはかった。マンデーパ・リーグは、通常の開催日であれば、セ・リーグを含め最大6試合が開催される中での埋没感から逃れ、「月曜日でもパ・リーグのゲームならやっている」とコアな野球ファンに訴求した面はあった。

マンデーパリーグ廃止の理由


しかし、今年2006年から、パ・リーグは月曜日開催を原則廃止したのだ。この理由はいくつかある。

一つは移動の問題である。マンデーパ・リーグスケジュールでは、木曜日を移動日として、金・土・日の三連戦を組む。パ・リーグ本拠地は北海道から九州までと範囲が広く、日曜のデーゲーム終了後に、次の遠征地へ移動というのが日程的に厳しいという話である。

またもう一つは、2005年から始まったセ・パ交流戦の問題である。交流戦日程は、セ・リーグにあわせて火曜から日曜までの6連戦スケジュールを組む。事実上、この期間は「マンデーパ・リーグ」自体がお休みになってしまったのである。

これらの事情のため、パ・リーグのマンデーナイトゲームが廃止に到った理由は理解できる。しかし、筆者としてはせっかく始めたこのシステムをあまりにも性急に廃止してしまうことや、マンデーゲームを開催することのメリットを捨てることについて疑義を呈したいのである。以下で、マンデーゲーム開催のメリットを述べていこう。

【マンデーゲームのメリット】→