性のアドバイザー MIZUKIさんに聞く「男ゴコロとセックス」

旦那がしたくなる方法を性のアドバイザー☆MIZUKIさんにきく

性のアドバイザー☆MIZUKIさん

これまでAll Aboutの記事にも自分の著書にもセックスレス脱却の方法、セックスレス予防の方法を何度も書いてきました。

「セックスレス改善できました」
「子供ができました」
「女性として自信が持てました」

そんな嬉しい報告がモチベーションになり、日々、セックスレスカウンセリングに向かい合っています。

しかし、性に元々関心が薄い女性、パートナーとのセックスに気持ちが入らない女性ももちろんたくさんいるのは確かです。夫や彼氏も性欲ゼロのかたならなんの問題もありませんが、こればかりは一致するカップルが少ないのが現実。

そこで、セックスレスではないけれど、いまいち前のめりになれない女性、夫が自分にときめいてくれないようで悩んでいる女性の方々のために、性のアドバイザー、MIZUKIさんに「男性はこうすれば火がつく」をテーマにお話をうかがいました。

MIZUKIさんは、とんねるず石橋貴明さん司会の番組でゲストとして共演させていただいただけでなく、私が監修したセックスレス改善DVD『HOW!?彼を夢中にさせる魔法のレシピ』に出演までしていただきました。

性のジャンルに精通した男性の立場から、皆さんのパートナーの気持ちをじっくり解説してもらいましょう。

男性が抱きたくない女性の特徴とは?

二松:結婚後、あるいは長く付き合っているとマンネリになってセックス回数が減りますね。これは、生物学的にも証明されていますから、しょうがないものでもあります。

男女は長く一緒にいると、自然と「家族」になってしまいます。そして夫に、「家族とはセックスできない」と言う辛い言葉を言われる妻が多数いるのが現実です。女性も女であることをなまけてしまうからかなとも感じるのですが、男からして「こんな女性にはムラっとしない」女性の特徴を教えてください。


MIZUKI:そうですね、日常生活の延長上にセックスは存在しますから、日常のふるまいや言葉でゲンナリしてゆくことが重なると男性は女性にエロスを感じなくなります。

たとえば、家事とか身の回りのことを「してあげている」という空気が漂う女性は、偉そうな感じでダメです。そうではなくて「あなたのことが好きだから(している)」という雰囲気をつねに持っていてもらいたいです。

また、お子さんがいらっしゃる方は、お子さん中心に時間も生活も回りがちです。しかし、それでも、大人の時間、会話をキープできる女性は素敵です。だんなさんに、お子さんの話題ばかり出す女性は、エロスが去っていきますね。

二松:エロスが去り行く……(笑)。去らないように私たちは努力しなくては! 確かに欧米のカップルは、大人空間と子供空間をパキっと分けてますよね。われわれは、子供と一緒にファミリー単位で動くのが幸せという国民性なのでしょうか。子供が寝たら、そのあとはふたりの時間という意識が必要ですね。他にはいかがですか?

MIZUKI:体型変化に無関心な女性はダメです。ダイエット本やDVDが人気ということは女性の皆さん、気にしているという証拠でいい風潮ですが、それでも、体型が崩れるのを放置している方も多いです。年齢とともに味とコクが出る女性の身体と、おばさん太りは違います。

それと香り。結婚前のいい香りが、結婚して数年経つと消え失せるんですが、あれはなぜでしょうね? 時とともに、なんとも言えない甘い香りが、薄れてゆくんです。キスやセックスの前のあわいコロンの香り、シャンプーの香り……。これは、結婚してからも怠らないでほしいですね。

二松:若い頃はシャンプーの銘柄とかいろいろ試してましたが、確かに……(苦笑)日ごろの努力が大事ですね。
 

 

旦那がしたくなる方法…「四感」への刺激で男性の「欲望スイッチ」を

男の「欲望スイッチ」を押す方法は?

男の「欲望スイッチ」を押す方法は?

二松:男性がセックスしたいと感じる欲望スイッチはどんなときにはいりますか ?

MIZUKI:「四感」への刺激です。

一つ目は「視覚的興奮」。
いつも裸ではいけませんよ。ちらりとのぞく太ももとか、夏になったらデコルテがあいている服を着るとか、いつもは隠している脇の下が見えるとか、「意外なチラリ」が起爆剤です。 

二つ目は「嗅覚的興奮」。
さきほど言いました、自分ならではの甘い香りを演出してください。パートナーに接近しなければだめですよ。寄って行ったときにふわっと漂えばOK。

三つ目は「触覚的興奮」。
ベタベタさわるのではなく、廊下をすれ違いざまに身体の一部が触れたとか、会話の最中に腕に手を置かれるとか。例えば先日、新幹線の通路で女性とすれ違ったときに、腕どうしがこすれ合って、僕は欲望スイッチが入りました(笑)

四つ目は「聴覚的興奮」。
甘えられたいんです、男は。ささやくような声で。耳元で「くっついていたいの…」とかささやかれるともう……!

二松:あの~、新婚さんならともかく、家族共同体みたいな関係性のカップルでは、無理ですよ、無理(笑)。「そんな恥ずかしいことやってられるか」って意見はよくあがってきています。

でもですね、あえてそういう所作ができるようにしておかないと、セックスレス改善など遠い夢だと、私も力説しております。

MIZUKI:そうですね。僕のところに悩みを打ち明けにくる方々は、だんなさんや彼氏に愛されなくて寂しいと、うったえていらっしゃいます。男性側も気づいてないので悪いんですけどね。

 

セックスレス女性の特徴はセックスを楽しめない

二松:MIZUKIさんのところにいらっしゃるセックスレス女性の特徴、直さなければならない点は何でしょう。つまりそこが、なぜパートナーが彼女を抱かないのか?の理由ですよね。

MIZUKI:ずばり、セックスを楽しめない女性は抱きたくありません。これも、男性側に問題はあると思うんです。奥さんや彼女を気持ちよく導くセックスができてないので女性側は悦びを知らない。開放的になって普段とは違う自分を見せない女性は、男性としては楽しくないんです。

ほかにも特徴はありますね。辛そうな顔をして「痛い」と言う女性。これもまた男性がもっと愛撫をしっかりして、緊張を解かなくてはいけないんですけど、セックスを楽しみたい女性は、痛くない身体を自分で作っています。

二松:そうです!それが、私がずっと言い続けている「性の自立」です。ananのセックス特集でも、女性向けwebサイトでも、いくらでも女性が気持ちいい身体になる情報を流しているのですから、男性とベッドインするまでに感じやすいカラダと脳を作ろうよ、と手取り足取り伝授しています。

恋人・夫婦仲相談所にいらっしやる方に、エッチな気分になる方法とか、マスターベーションのハウツーを講義する時もありますね。

MIZUKI:WAOO!大切なことです。結婚しても性的に開放されてない女性はたくさんいますから。だんなさんが、ムラっとする仕草を研究したり、身体のパーツを露出すべきだと思います。 

二松:あと、ボディだけでなく、「セクシートーク」も効果的ですよね。セックスレスカップルには会話レスが多くて……。

MIZUKI:はい。おっしゃるとおりです。それをわかりやすくレクチャーしたのが僕たちが協力してできた『HOW!?彼を夢中にさせる魔法のレシピ』ですよね。

女性は恥ずかしがらずに、だんなさんの腕の中で、この「あいうえお」言葉を発すべしです。もういちどここで、「あいうえお」をまとめてお伝えしておきましょう!

 

MIZUKI流、男性がうずく「あいうえお」言葉

■「あ」
「あ~…」や「あぁ」といった喘ぎ声。声の出し方や大きさ、抑揚もつけること。

■「い」
「いい」「いいね」「いきそう」。今の感情を素直に言うこと。

■「う」
「嬉しい」といった喜びの表現はおしみなく言う。

■「え」
「エッチしたかったの」のような、「え!こんなこと」というエロチック発言は不意打ちがよし。

■「お」
「大きくなってるよ」「大きい。すごい」といったソフトなS言葉。

今回はMIZUKIさんとの性の対談前編をお届けしました。

「大きくなってるよ」は、石橋貴明さんに、大笑いされた台詞でしたが、パートナーがS派かM派か認識してベッドトークをすることは、セックスを楽しめる女性の上級テクニックです。

この「あいうえお」を自然に言える女性もいます。そういう方はもちろんセックスレスではありません。私は言えない!と思った方は、ぜひ言えるように自己開発をしてください。セックスレス予防と改善には必須事項であります。

妻に無関心夫がフっとその気になる実践テクニック』では、いよいよ男性がして欲しいことをわかりやすく解説していただきます!

【関連記事】 【参考】
「HOW!? 彼を夢中にさせる魔法のレシピ」
「セックスする脳」(二松まゆみ)

(※この記事の性のアドバイザーMIZUKIさんとの対談は、記事初回公開日2014年8月に行ったものです)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。