性のアドバイザーMIZUKIさんに聞く実践テクニック

140803_4

性のアドバイザー★MIZUKIさん

前回の対談『夫をウォッと驚かすセックスをする妻になる方法』では、MIZUKIさんに、男性目線での抱きたくなる女性像、男性の「欲望スイッチ」の入れ方などを教えていただきました。

今回の後編では、いよいよテクニックを含めた実践版を教えていただきます。


 

ポイントは「動かさない、静止する、急がない」

三松:パートナーとより深いセックスをするために男性も女性もトライするといいことは何でしょう。具体的におしえてください。

MIZUKI:簡単にできるものとしては、お互いの手(指)や肌に触れながら目と目と見つめ合うことです。これは、日本人は恥ずかしくてできないという人が多数なので、チラリとでも視線を合わせてみてください。

三松:接触と目を見ることを同時に行うということですね。なんだかインドの古代性典カーマ・スートラの実践版の雰囲気になってきましたね。私もカーマ・スートラは自分なりに解釈して本に書いたくらいです。

MIZUKI:そう、セックスは国境も時代も超えて男女が慈しみ合う大切な行為です。決しておろそかにしてはいけません。

三松:そしてそして、次は?

MIZUKI:挿入後は、基本的に動かさないで互いを褒め合うことです。男性が動こうとすると、女性がじっとしてとお願いするのもかわいいです。

接していて気持ちいい、お互いの香りを感じ合う、お互いの表情を見る、キスでお互いを味わう。そして言葉で脳にも気持ちよさをインプットする。これで五感すべてが刺激されることになり、パーフェクトです。

三松:以前、アダム徳永さんにもいろいろうかがったことがありますが、「動かさない、静止する、急がない」、まさにスローセックスですね

MIZUKI:はい、丁寧に、やさしくが基本です。中には激しいワイルドなのを好む奥さんもいるでしょうが、そこは臨機応変に。

三松:妻のタイプに合わせて臨機応変にベッドで振る舞える男性が果たして多いのかは不安ですが、今、MIZUKIさんの意見をきっかけに変わって欲しいものだと願います。

そしてこれができない男性には女性が上手に誘導する。こっちのほうが早いかもしれません……。女性の方がコミュニケーション能力はたけていますので、甘えながら誘導を(笑)。

とはいえ、モンスターワイフという分類をしたことがある私としては、「妻を抱くなんてとんでもない」という夫たちがいるのをよく知っています。これは、私たち女性が改善しなければならない重要点になりますが、男性が抱きたくなる女性の特徴をいくつかおしえてください。

MIZUKI:キスがうまい女性は、そこからムラムラ感に火をつけられて、抱きたくなります。簡単な短いキス、それを発展させて舌を動かされると男性の性欲は盛り上がります。

それと、普段からいきいきして不健康な感じがしない女性。寝不足で不機嫌そうとか、いつも頭が痛いと眉をしかめてるとか、顔色が悪いとか、眼の下にクマとかか……。そんな女性からは逃げてしまいたいという男性の意見を、よく耳にします。健康な身体を保ってこそいいセックスができます。

そして普段とベッドで、まったく違う雰囲気になる女性。昼間はバリキャリでもいいし、家事や子育てに一生懸命なんだけど、男性が触れると、驚くほどセクシーな表情と声になる。このギャップは大事です。自分にしか見せない女性の部分を見せてくれると、男は何度でもセックスに誘います。

今、モンスターワイフのことをおっしゃいましたが、自己中心的な女性には、性欲が湧きません。自分の都合でセックスの日程、場所、時間を決めたり、いざしているとああしろこうしろと依頼ばかりして、こちら側には何もしてくれない……。俗語では「マグロさん」と言いますかね。SMの世界でしたらありですが、一般ではちょっとね……。

次は女性をオーガズムに導くマル秘テクニックを教えてもらいます >>