リオデジャネイロのアクティビティ

観光スポットを巡るのはもちろん、カーニバルへの参加やサッカー観戦などリオっ子に混じっての「体験」も旅の楽しみですね。ここでは、比較的シーズンを選ばないアクティビティを紹介します。

自分でチケットの入手や移動をするのが面倒な方は、ホテルや旅行代理店が企画する送迎付きツアーもチェックしてみては?

アクティビティ1:音楽に浸る

arcos da lapa

ラパ地区のシンボル的存在、カリオカ水道橋

ボサノバやサンバ、ショーロを生んだと言われるリオ。あちこちで本場の音楽に触れることができますよ。お勧めは、ラパ地区のクラブ 、ラゴア付近のバー 、ヴィニシウス・バー(イパネマのライブハウス)など。ただし、夜遊びに出かける際は、十分に気をつけて下さいね。

アクティビティ2:サッカー観戦

futebol

ブラジル人が愛するサッカー

ワールドカップの決勝戦が行われたマラカナン・スタジアムでの試合観戦は、人気のアクティビティ。スタジアムでの試合スケジュールは、オフィシャルサイトにも掲載されています。また、スタジアムのガイドツアーも開催されているので、サッカーファンならチェックしてみて下さいね。

<DATA>
■マラカナン・スタジアム(Estadio do Maracana)
住所:Avenida Presidente Castelo Branco, s/n – Portão 2
電話:0800 062 7222
最寄り駅:マラカナン/サン・クリストヴァン
営業時間(ツアー):9:00 - 17:00
ツアー参加費用:一般 月~木曜R$36, 00、金~日曜R$40, 00

 

アクティビティ3:青空市巡り

feira de ipanema

イパネマの青空市

近年、日本でも人気があるリオのブランドをチェックするなら、ショッピングセンターやイパネマ地区のショップがお勧めですが、地元っ子が集う青空市にも独特の楽しみがあります。ちょっとしたお土産探しはもちろん、音楽や演劇などのストリートパフォーマンスや絵画を眺めたり、軽食スタンドで食事をしたり……。
お勧めは、イパネマの日曜市、ラパのリオ・アンチゴ市などです。

 

アクティビティ4:ウォーキング

pista

絶景ウォーキングスポット、ピスタ・デ・クラウディオ・コウチーニョ


人口600万人を超える大都会ながら、力強い自然を楽しめるのもリオ・デ・ジャネイロの魅力です。

ラゴア(ホドリゴ・デ・フレイタス湖)の周囲には、遊歩道や公園があり、ウォーキングやジョギング、サイクリングにローラーブレード、スケートボードなどを楽しむ人々で賑わっています。クリスマスシーズンに湖の中心に設置される巨大ツリーも有名です。

また、リオの植物園は、約1.4キロ平方メートルという敷地に、8000種類もの植物が茂るという都会のオアシス。ゆっくり園内を散歩すれば、熱帯植物のパワーを得られるかも。

更に、地元っ子に人気のお勧めウォーキングコースなら、ピスタ・クラウディオ・コウチーニョ。ポン・デ・アスーカルを間近に感じることができます。

 

<DATA>
■植物園(Jardim Botanico)
住所:Rua Jardim Botanico, 1008
電話:(21) 3874-1808 / 3874-1214
開園時間:月曜12~17時 火曜~日曜8時~17時(12月25日、1月1日を除く)
入園料:一般R$6,00 (ブラジル及びメルコスル国在住の7歳以下、60歳以上は無料)

■ピスタ・クラウディオ・コウチーニョ(Pista Claudio Coutinho)
住所:Praia Vermelha, Rio de Janeiro
利用時間:毎日 6:00 - 18:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。