リオ・デ・ジャネイロのイベントカレンダー

世界的な観光都市、リオ・デ・ジャネイロには、見所が盛りだくさん。お好みに合わせて選べるように、観光地をカテゴリー別にまとめてみました。まずは、イベントカレンダーを見て行きましょう。サッカー観戦やカーニバルなどが目的の方は、その年の日程チェックをお忘れなく!

<イベントカレンダー>
1月:コパカバーナ海岸、ジョッキークラブなどでの年越しイベント
2月/3月:カーニバル
3月/4月:ファッション・リオ 夏コレクション
7月:リオデジャネイロ国際マラソン
8月:グランデ・プレミオ・ブラジル(競馬グランプリ「ブラジル大賞」2014年は6月開催)
10月頃:ゲイパレード、リオ国際映画祭
11月:ファッション・リオ 冬コレクション
12月:ラゴアのクリスマスツリーなどクリスマス・デコレーション
※不定期:ロックインリオ

全国的なイベント、祝日はこちらをチェック>>>

世界遺産「山と海に囲まれたカリオカの景観」を楽しむ人気スポット

view from Santa Teresa

サンタテレーザの丘からの眺め

美しい眺望を楽しむなら、高いところへ上るのが一番です。一番人気のコルコバードの丘やポン・デ・アスーカルはもちろん、ハングライダーやヘリコプターから眺望を楽しむことだってできます。サンコンハード海岸には、ハングライダーやパラグライダーの体験スクールがありますよ。また、もっと気軽に景観の良いところへ行きたい場合は、市内の小高い丘、サンタテレーザ地区へ出かけてみては。中でも「遺跡の公園(Parque das Ruinas)」からの眺めが知られています。

いくつかのスポットをはしごするなら、訪問する時間帯も考えたいところ。例えば、夕焼けから夜景までの移り変わりを楽しむなら、日没前の時間帯、青空をバックにコルコバードのキリスト像を撮影したいなら、逆光にならない午前中、といった具合です。

眺望スポット1:コルコバードの丘

corcovado

コルコバードのキリスト像(写真提供:Ami)

コルコバードの丘に立つ両手を広げたキリスト像は、新・世界7不思議の1つにも選ばれているリオのシンボル。丘に登れば、キリスト像が見守る美しいリオの街を眺めることができます。乗用車やタクシーで上ることもできますが、急斜面を一気に上ることで目の前に急速に開けていく眺望を、みんなで分かち合える登山電車がお勧めです。

<DATA>
■コルコバードの丘 登山電車
住所:R. Cosmo Verlho 513, Cosmo Verlho
電話:(21)2558-1329
運行時間:8:30 - 19:00(30分間隔)
休み:無休
運賃(往復):大人R$50、6から12歳R$25、6歳以下無料

眺望スポット2:ポン・デ・アスーカル(シュガーローフ)

pao de acucar

ポン・デ・アスーカルのロープーウェイ(写真提供:Ami)


小さな半島に突き出す2つの奇岩を2本のロープーウェイで上ります。1つ目の奇岩は、「モーホ・ダ・ウルカ(ウルカの丘)」。ロープーウェイを降りると、「砂糖パン」の名前を持つ2つ目の奇岩「ポン・デ・アスーカル」が間近に迫ります。2本目のロープーウェイで、グアナバラ湾に張り出すポン・デ・アスーカルの頂上へ。海の上から眺めるリオの街は、さすが世界遺産!の美しさです。

<DATA>
■ポン・デ・アスーカルのロープーウェイ(Bondinho)
住所:Av. Pasteur 520, Urca
電話:(21)2546-8400
運行時間:8:00 - 19:50(20分間隔、もしくは定員に達した場合)
休み:無休
運賃(往復):大人R$62、6歳から21歳R$31、6歳以下無料