自己肯定感という言葉を知っていますか?

抱っこされる赤ちゃん

キラキラ輝く子供の目の輝きは、自己肯定感が高い表れです

自己肯定感とは、自己(自分)を肯定する気持ちのこと。自分が好きで、大切に思い、価値があると心から思えることを意味します。つまり長所と短所の両方を受け入れ、ありのままの自分を「大切な存在」「かけがえのない存在」と愛せることです。自己肯定感は毎日の生活の中で、ママの関わりを通じて育っていきます。だからこそ、ママがその意味や重要性を知っていることで、子供の未来に大きな変化を生むのです。
 

自己肯定感が低い子の特徴

自己肯定感の低い子の特徴は、自己否定、自信喪失状態、人の目を極端に気にする、意欲の低下、無気力、人間関係のトラブル等があげられます。自分が我慢すれば丸く収まる等、苦しくなる選択をしてしまう。自信が持てず、失敗を恐れ新しいことにチャレンジする気持ちが起きない。周囲からの評価を極端に気にし、顔色を常にうかがっている。相手に嫌われたくないため、感じていることや意見が言えず、相手の言いなりになってしまう。まるで「自分」という存在自体がないもののように、ふるまってしまうのです。また、自信のなさから愛情を何度も確認し、依存的であったり、たとえ相手からひどい態度をとられても、「自分が悪い」と自分に改善点があると思いこみ、離れる選択ができなかったり、人間関係にもゆがみが生じやすくなります。つまり、自己肯定感が低いことによって、二次的三次的なトラブルを招くリスクが高まるというのが、最大の懸念点と言えるでしょう。
 

自己肯定感が高い子の特徴

一方、自己肯定感の高い子は、自信に満ち溢れており、意欲も高く、何事にもチャレンジするたくましさがあります。多少の失敗にもめげないどころか、次へのチャレンジのバネにするので、どんどん成長が加速していきます。また、自分の気持ちを大切にでき、自己主張をしっかりするので、友達とも対等に意見を言い合い、建設的な人間関係を小さいころから築くことができるのです。

意欲を持って生き、興味をどんどん広げ、色々なことにチャレンジし、失敗も成長の糧にする。人とのつながりも大切にし、対等な人間関係を育む。この2つの点において、自己肯定感の高さ低さで差が出ることがお分かりかと思います。