手続き・届け出

手続き書類の準備には2人の連携が大事!

裏ワザ2 婚姻届提出日を決めたらすぐに新姓の印鑑を作る

「婚姻届を提出すると氏名が変わるので、運転免許証をはじめ銀行口座やクレジットカードなどの手続きが必要になってきます。そこで必要になるのが新姓の印鑑です。運転免許証の変更には必要ありませんが銀行口座やクレジットカードの氏名変更には必要です。印鑑の新規作成は時間がかかるものもあるので、婚姻届提出後だとどんどん手続きが進められません。婚姻届を提出する日を決めたらすぐに作っておくと提出後スムーズに手続きできます。この機会に実印や三文判など複数作っておきましょう、また勤務先でも新姓で仕事を続ける場合は必要なこともあるので確認しましょう。」


裏ワザ3 氏名・住所変更は運転免許証からやるとスムーズ

「銀行口座、クレジットカード、生命保険など、氏名・住所変更が必要になるものは様々。

そのほとんどに必要なのが本人確認書類です。本人確認書類は運転免許証やパスポートが主なので、その2つから手続きをしておくと便利です。運転免許証は新住所の住民票と運転免許証があればすぐ変更できるので早めにやっておきましょう。(旧姓のままで運転すると法律違反なので早めに手続きを)」

手続きや届け出は効率的にこなし、甘い新婚生活をエンジョイできる時間をたっぷりとれるようにしてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。