うだるような暑さの毎日ですが、フィギュアスケートの世界では、次のシーズンが始まろうとしています。ジュニアの選手たちはそろそろ試合が始まるころ、シニアの世界トップ選手たちも10月にはシーズンインしていきます。シーズンイン前の今は、新しいプログラムができあがっている時期です。


羽生選手のフリーは「オペラ座の怪人」

undefined

 

先日、羽生結弦選手の新プログラムが発表になりました。

すでにアイスショーで演技を披露しているショートプログラムは『バラード第1番ト短調』(ショパン)。そして、フリーが『オペラ座の怪人』とのこと。6月下旬の「新シーズンの息吹…シーズンオフのフィギュア選手たち」でも紹介しましたが、今シーズンから男女シングルやペアでもボーカル入りの曲が使えるようになったため、さっそく、男性の歌声が入ったバージョンを使用します。まだプログラムの全貌は明らかになっていませんが、いったいどんなプログラムになるのか、いまから楽しみです。