最近、インテリアでもよく見かけるようになったチェック。選び方、使い方によって、モダンにもナチュラルにも可愛らしくもなります。そこで今回は、インテリア選びのヒントになる、チェックが素敵なカーテン、ソファ、ラグをご紹介します。

新鮮な感覚!カーテンでチェック柄を楽しむ

世界中で最もモダンでクリエイティブな存在の各テキスタイルメーカーから、いろいろなチェックパターンが発表されています。グラフィックパターンとフレッシュな色が特徴のコレクションです。

■シンプルモダンな白黒チェック
マナトレーディングSAHCO(サコ)

2014年マナトレーディングSAHCO(サコ)/COTTON CHIC シリーズカタログより

コットンをベースに、シルクやポリエステル等異素材を組み合わせ、シンプルかつエレガントでシックな生地に仕上がっています。さわやかで嫌みのないモダンなチェックパターンです。

■レースにもチェック
2012.Springパリデコオフ(ウルフ・モーリッツ)

2012.Springパリデコオフ「SAHCO」Ulf Moritz(ウルフ・モーリッツ)SON

同じ「SACHO」には、レース地にもチェックパターンがあります。このような特殊で存在感のある薄地には、窓際に無地ドレープを使い、室内側にレースを設えることでレースが主役になります。

■光沢ある無地にウールのチェクを重ねて
「LELIEVRE(ルリエーブル)」

2013. Spring パリデコオフ展示会から新作-「LELIEVRE(ルリエーブル)」

フランス・パリの老舗ファブリックメーカー「LELIEVRE(ルリエーブル)」、シルクのダマスなど豪華なクラシックを得意とするのはもちろん、ミニマム空間にマッチしたシックで微妙な素材感のあるファブリックなど幅広く対応しています。光沢のある無地にウールのタータンチェックを大胆に貼り付けています。これだったら流行のチェックパターンを気軽に楽しめますね。

■チェックが映えるクッションの組み合わせ
「LELIEVRE(ルリエーブル)」クッション

l2013. Spring パリデコオフ展示会から新作「LELIEVRE(ルリエーブル)」

チェックパターンはともするとうるさく感じます。クッションを組み合わせるときは、チェックに使われているカラーの中から無地や他のパターンを混ぜるのが秘訣です。

超個性的!遊び心たっぷりのソファ・椅子

海外の展示会やショールームで見つけた大胆でおしゃれなソファ、椅子です。さりげないソファや椅子にチェックを使うと、とってもも個性的になります。さまざまな家具メーカーやデザイナーたちがチェックの楽しい椅子を作りだしています。

■骨太な家具に合わせたタータンチェックが印象的
「e15」のソファとクッション

ドイツ・ミュンヘンの家具メーカー「e15」のソファとクッション

2008年のミラノ国際家具見本市で出会ったチェックパターンは衝撃手でした。イタリアや北欧のデザインとは違う骨太なフォルムの無垢材の家具の中に、色彩鮮やかなタータンチェックのクションが並んでいます。ファッションが中心のチェックをインテリアに取り入れたエポックメーキングだったような気がします。今でも新鮮ですね。「e-15」はドイツの新進家具メーカーです。

■古くて新しい!北欧モダンのソファ
2012-artek

2012-artek

2012年のミラノサローネでのアルテックのソファにもチェックが使われていました。北欧モダンの代表ブランド、Artek(アルテック)のソファです。北欧らしいナチュラルな中にも、張り地を無地とチェックを交互に使い遊びこころたっぷりです。

■なんて可愛らしい!こんな椅子ほしい
「eumenesエウメネス」のパオラ・ナヴォーネの新しい椅子

「eumenesエウメネス」のパオラ・ナヴォーネの新しい椅子

懐かしさが漂う椅子ですが、実は新しい椅子です。2011年にイタリアに誕生したブランド「eumenes(エウメネス)」のパオラ・ナヴォーネがデザインした新しい椅子「eu/phoria」です。ナイロンの生地をシェル型の座面に圧着しています。カフェなどにこんな椅子があったら可愛いですね。

■カラフル過ぎて衝撃的!
2012-Maison & Objet/Hallway

2012-Maison & Objet/Hallway

パリのインテリアの展示会メゾン&オブジェのファブリックの展示会エディトゥールの休憩所に置かれたソファです。セノグラフィー(舞台装飾)を担当した、Paola Navone(パオラ・ナヴォーネ)の作品ですが、カラフル過ぎて眩しいチェックパターン、楽しすぎます。

時代を超えた新しさを求めて!ファッションパターンをインテリアに

昔からラグやカーペットにチェックがよく使われていましたが、今、チェックパターンがより楽しく自由に進化を始めています。最新のチェックパターンのラグを紹介します。

■手作り感覚!でもこれパトリシア•ウルキオラのデザイン

スペインの「ガンディアブラスコ」のラグ

スペインの「ガンディアブラスコ」のラグ

GANはスペインのプロダクトブランド「GAN by GANDIA BLASCO(ガンディアブラスコ)」のテキスタイル部門として立ち上げられた高級デザイナーラグブラン ドです。パトリシアウルキオラをはじめ、著名なデザイナーとのコラボレーションにより伝統的エスニックパター ンと斬新な幾何学模様を組み合わせた独自の作品を作っています。チェックパターンも進化し続けています。

■色彩をマルチに使った話題の新作カーペット
Danskinaのため?ヨンゲリウスの最初の作品

Danskinaのため?ヨンゲリウスの最初の作品

デンマークのカーペットブランドDanskina」のオランダ人デザイナーヘラ・ヨンゲリウスの作品です。Danskinaのために、今話題のデザイナーの·ヨンゲリウスの最初の作品です。大胆なマルチトーンで、暖かい触覚です。チェックとはちょっと違いますが、不規則性が魅力です。こんなラグを使いこなせたら素敵、最上級のインテリアテクニックになります。


遠い昔から使われ続けてチェックパターンです。その時代時代にのエポックメーキングとして、ファッションやインテリアの貴重なパターンになっています。インテリアでは、次々と新鮮なパターンで活躍しそうです。インテリアショップを訪れた時は、新しいチェックに注目してみてはいかがでしょう。

(C) Photo by Kanno

<DATA>
マナトレーディング SAHCO
SAHCO
e-15
artek
eumenes
GAN -RUGS
Danskina
※「マナトレーディング SAHCO」を除いて全て海外サイト



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。