仕事をする女性

仕事をする女性

Webデザイナー向け拡張機能「WhatFont」をご紹介します。かっこいいサイトを見つけたときにロゴやサイト内部のフォントは何のフォントを使っているのか気になるときが多々あると思います。デザイナーに限らずサイトを運営する方でしたら入れておいて損はない拡張機能「WhatFont」を紹介します。これを入れればサイトで使用されているフォントが分かります。

このChrome拡張機能の優れている点は、2点です。

  1. 他のWebサイトで使用されているフォントが分かる。
  2. クリックひとつでフォントの詳細(文字サイズ等)が分かる。

WhatFontのダウンロード

Chromeウェブ ストアからインストールします。インストールはこちらから
インストールすると検索アドレスバーの横に「f?」の書いたアイコンが表示されます。これでインストール完了です。

WhatFontの使い方

検索アドレスバーの隣にある「f?」のアイコンをクリックすると、「Exit WhatFont」という文字が現れます。これで表示しているサイトのフォントを確認することができます。マウスをドラッグするとフォントが表示されます。確認したい部分のフォントをクリックすると下記画像のように「フォントサイズ・文字間の高さ・フォントカラー」などが確認できます。
WhatFontの使い方

WhatFontの使い方


※再度「Exit WhatFont」をクリックすると、拡張機能がオフになります。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は、拡張機能「WhatFont」の使い方をご紹介しました。最後までお読み頂きありがとうございました。本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。