レジャー代節約のコツとは?

100円グッズを賢く使って、レジャー代を節約!

100円グッズを賢く使って、レジャー代を節約!

今年の春はなかなか気温が上がらず、例年になく寒い春となりましたが、これからはようやく暖かくなりそうで行楽シーズンもいよいよ本番。どこにも出かけないのはつまらないけどお金もあまりかけられない……というときは、公園や工場見学、博物館などの公共施設を上手に活用しましょう(参照:「タダで楽しくためになる工場見学」)。

そんな節約レジャーに欠かせないのが、お弁当や飲み物の持参。これだけでもかなりの節約効果が期待できますが、さらにお得で快適なレジャーを楽しむために、便利な100円ショップのグッズをご紹介します。

プラスチック食器

重ねてしまえるのが便利なプラスチック皿。それぞれ5枚セットで105円

重ねてしまえるのが便利なプラスチック皿。それぞれ5枚セットで105円

バーベキューなどでは、紙皿や紙コップ、割り箸などが欠かせませんが、今の時代、ゴミが大量に出てしまうのは考えもの。そこでおすすめするのが「プラスチック食器」です。

一見、お弁当箱のように見えますが、4枚のお皿と蓋がセットになっているもので、蓋部分も合わせれば5枚のお皿として使用可能。軽くてコンパクトにまとまり、使用後は重ねて蓋をしてしまえば外側に汚れが出ないので、持ち帰るときも便利です。このシリーズは、お皿だけでなく、コップやカトラリー類も揃っています。

保冷バッグ&保冷シート

広げればランチョンマットになる保冷シート105円

広げればランチョンマットになる保冷シート

気温が上がってくると心配になるのが、お弁当の傷み。しっかり火を通す、きちんと冷ましてから蓋をするなどの基本をおさえていても、夏場は特に気になります。そこで活躍するのが「小型の保冷バッグ」。このバッグに、ケーキなどを買うとついてくる保冷剤をお弁当と一緒に入れておけば安心です。

もう一つおすすめなのが「ランチョンマット型の保冷シート」。これなら、お弁当箱の形状や大きさを気にすることなく、食べるときにはランチョンマットとして使えるので便利です。

ちなみに、「食品衛生抗菌保護シート」(60枚入りで105円)というものもあります。銀イオンの効果を利用したもので、おかずを冷ましてから上に乗せるだけで簡単に抗菌できます。

携帯用座布団

畳んで携帯できるウレタンの座布団105円

畳んで携帯できるウレタンの座布団

地面にレジャーシートを敷いただけでは、長時間座っているとお尻が痛くなったり冷えたりして、あまり快適とはいえないものです。そんな問題を解決してくれるのが、「携帯用座布団」。

中は発泡ウレタンになっており、畳んで携帯用の巾着袋に入れればコンパクトに携帯することができます。これを敷くだけでかなり快適な座り心地になるので、公園でのお弁当タイムにはもちろん、子供の運動会などに持参するのもおすすめですよ。

【関連記事】
100円ショップ活用術
ガソリン代を安くする4つのTips



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。