無料アミューズメント「工場見学」

工場見学は子どもも大人も楽しめます!

工場見学は子どもも大人も楽しめます!

「工場見学」というと、子供の頃学校の社会科見学で行った記憶があるという方が多いかと思います。普段見ることのできない製品の製造工程を見学するのはとても楽しいものですが、なにも子どもだけの特権ではありません。

工場は団体でないと見学できなそうなイメージがありますが、中には個人での見学を受け入れているところもあります。もちろん大人でもOKですし、見学は無料で行っている施設がほとんどですので、タダで楽しめて勉強にもなり、工場によってはお土産などもあるのでぜひ積極的に行きたいところです。

中でもオススメなのは、食料や飲料の工場。食品関連の場合、試食や試飲を実施している施設が多く、調味料などの工場ではサンプルをもらえたりします。特にビールやワイン、清涼飲料水など製造工場は、全国いたるところにあり、見学を積極的に受け入れている工場が多いのでぜひチェックしてみましょう。

【参考リンク】
 ヤクルト
ヤマサ醤油
アサヒビール
キューピー
明治乳業
シャトレーゼ

ちょっと意外な見学も狙い目

普通では中に入ることができないような場所に入れるのも工場見学の醍醐味です。

ANAの機体工場見学は羽田の新整備場地区にある「ANA機体メンテナンスセンター」にて行われており、航空機の機体を整備する様子を見学することができます。日常では遠目でしか見ることができないジャンボジェットなど、ごく至近距離で見られる経験は貴重です。

工場とは若干異なりますが、宇宙航空研究開発機構の筑波宇宙センターでは、ロケットや人工衛星の実機を展示。スペースライブラリーでは宇宙開発に関する様々な資料が見られます。興味深いのは、宇宙飛行士が実際に訓練を行っていた施設を使って実施される宇宙飛行士模擬訓練体験。事前予約が必要ですが、貴重な体験になること間違いなしです。

特別プログラムもチェックしよう

サントリー武蔵野ビール工場

サントリー武蔵野ビール工場

夏休みなどは、子ども向けに特別プログラムを実施する工場が多くあります。

例えば、サントリー武蔵野ビール工場の「夏休み親子見学会 ~ビール工場で環境を学ぶ」では、通常のビール製造工程の見学に加え、環境への取り組みに付いて親子で学ぶことができるプログラムが実施されています。

通常の工場見学はもちろんですが、このような特別プログラムは子どもの自由研究にもぴったり。
ぜひ夏休みには工場見学へ行ってみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。