サークルK、サンクス、ローソンでも限定発売!

コンビニ限定グランドキリン ブラウニー&マイルドリッチ

コンビニ限定グランドキリン ブラウニー&マイルドリッチ

元々はセブン-イレブン限定で発売されたグランドキリンですが、他コンビニチェーンでの展開も始まりました。7月下旬から8月にかけてふたつのグランドキリンが発売されましたので、そちらをご紹介したいと思います。

おじさんターゲット「金のグランドキリン」

グランドキリン ブラウニー(サークルK、サンクス店頭価格 245円/税込)

グランドキリン ブラウニー(サークルK、サンクス店頭価格 245円/税込)


まずは全国のサークルK、サンクスで限定販売中のブラウニーです。キリンビールのニュースリリースによると「ビールを定期的に飲用する40代、50代の男性をメインターゲット」に訴求していく商品だそうです。

パッケージのトーンはシックにまとめられていて、ビールの色は濃い目。なるほど、ダンディな印象になっています。飲んでみると麦芽の旨みを感じられ、さらに昔ながらのホップの風味を感じました。通常のグランドキリンはホップの苦みや香りがもっと前面に出ている印象ですが、こちらは麦芽の印象が強いですね。そういう意味では、最近のホップが印象的なクラフトビールとは一線を画したもので、なるほど40~50代の志向に近いのかな、と思いました。ビールをグイグイ飲みながら唐揚げを食べるような感じではなく、薫製を食べながら飲むようなビールだと思います。

働く女性ターゲット「青いグランドキリン」

グランドキリン マイルドリッチ(ローソン店頭価格 245円/税込)

グランドキリン マイルドリッチ(ローソン店頭価格 245円/税込)


続いては、全国のローソンで限定販売中のマイルドリッチです。こちらは「ビールを定期的に飲用する30代、40代の“働く女性”をメインターゲット」に訴求していく商品とのことで、ローソンの持つ「Pontaカード」データの分析結果とキリンビールの持つマーケティングデータから「なめらかなコク」「芳醇な香り」のビールとなったそうです。

パッケージはブルーとパールホワイトで清潔感、清涼感が出ています。ビールの色は明るめでフレッシュな印象を受けます。実際に飲んでみるとたしかになめらかで、軽いわけではないですが、スッと飲める印象です。ターゲットを想定するなら、仕事から帰宅して、まずリセットするための一杯、でしょうか。ただ、かなり大人しい印象なので、実際にビールを定期的に飲む人からすると物足りないかもしれません。男性の場合は、休日のお昼から飲む、みたいなシチュエーションでいいんじゃないかと思います。
また、ネーミングが「マイルドリッチ」となっていますが、味がリッチなわけではなく「マイルドな味+リッチな雰囲気」というイメージで買うと間違いないのではないかと思います。

今後の展開にも期待!

セブン-イレブン、ローソン、サークルK、サンクスと各コンビニ限定のグランドキリンが登場しましたが、ファミリーマート限定が出ていないのも気になりますし、今後、それぞれの商品がどういった展開をしていくのも気になるところ。ビールファンとしては選択肢が増えるのはやぶさかではありませんので、好みのビールを探しつつ、新しいビールも待ちたいと思います。

■キリンビール グランドキリン
http://www.kirin.co.jp/products/beer/grandkirin/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。