キリンビールからも発売になったセッションIPA

グランドキリン ギャラクシーホップ セッションIPA

グランドキリン ギャラクシーホップもセッションIPAスタイル

最近、発売されたグランドキリン ギャラクシーホップには、セッションIPAスタイルと書かれています。近年、クラフトビール好きの間では、セッションIPAが人気になってきており、アメリカのクラフトビールメーカーはもちろん、日本のメーカーからも発売されているスタイルになります。

セッション? IPA?

そもそもセッションIPAというのはどんなスタイルなのかを解説する前に、まずはIPA(インディア・ペールエール)の解説から入らねばなりません。IPAは簡単に言えば、従来のビールよりも高アルコール、そしてホップをたくさん添加し、ホップの特徴である苦味と香りを十分に出したビールです(なぜインディアなのかにご興味がある方は、ぜひご自身で調べてみてください)。そんなIPAの特徴を残しつつ、アルコール度数を下げ、飲み続けやすくしたものがセッションIPAになります。

ホップはビールに欠かせないものです。

ホップはビールに欠かせないものです。

個人的な想像になりますが、このセッションIPAの流行の要因は、IPAや高アルコールビールに対する飲み疲れがあるのではないかと思います。高アルコールの重さは必要ないけど、ホップの香りや苦みは欲しい、そんなホップ好き(英語では Hop Head と云います)のためのビール、それがセッションIPAなのではないでしょうか。

日本でもブレイク間近?

さて、この7月にキリンビールが大手メーカーとして初のセッションIPAを発売しましたが、日本のブルワリーもヤッホーブルーイングコエドビールサンクトガーレン箕面ビール伊勢角屋麦酒など、すでにいろいろなブルワリーがセッションIPAを醸造、販売しています。

今年の夏は、香りと苦みがありながらもアルコール度数は控えめのセッションIPAにハマってみてはいかがでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。