美白/美白のための生活習慣

サングラスしましょ。目から日焼けも美肌の大敵(2ページ目)

目から日焼けするってご存知ですか?対策にはサングラスが必須。どんなサングラスを選んだらよいか。また、それ以外の対策もご紹介します。

佐治 真澄

執筆者:佐治 真澄

スキンケアガイド

目を守るなら、やはり「サングラス」

h

目を守るならサングラスは必須

オゾン層の破壊が懸念されているオーストラリアでは、小学生のサングラス着用が義務付けられているほど効果的です。

選ぶポイントは、「色の濃いレンズ」よりも「紫外線カットできるもの」

色の濃いレンズの方が紫外線をカットできると思いがちですが、色と紫外線カットの性能は無関係。それよりも、紫外線カット機能があるかどうかが重要です。

ただ色が濃いだけで、紫外線カットの機能がないサングラスをかけたまま、強い光を浴び続けると、瞳孔が開いた状態になってしまい、逆に多くの紫外線を取り込んでしまうことになるので要注意。

ちなみに、紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。これは、そのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字。
つまり「紫外線透過率1.0%以下」であれば、紫外線を99%カットするということになります。
目安は、どのぐらいの時間、屋外で紫外線を浴びる可能性があるかで選ぶと良いでしょう。
もちろん、自分の顔にフィットしているというのも重要です。


内側からの対処法

r

内側からの紫外線対策

目に栄養を与える成分を多く摂るなら、こちらの成分がオススメです。

1、ルテイン
緑黄色野菜などに多く含まれ、紫外線などのダメージより体内に発生する活性酸素を除去する作用があります。人参やカボチャ、ブロッコリーやホウレンソウなどに多く含まれています。

2、ビタミン
また、ビタミンも体の調子を整え、病気に対する抵抗力を強める働きがあるので、ビタミンC、β-カロテン、ナイアシンなどを、バランスよく摂るよう心がけましょう。フルーツや、かぼちゃ、ピーナッツなどに多く含まれています。

その他、鮭に多く含まれるアスタキサンチンもオススメ。紫外線によってできる活性酸素と戦うパワーが強く、ビタミンEの約1000倍と言われています。

もちろん、サングラスのほかにも日傘や帽子で目を守るのも大切です。シミはもちろん、健康的な目でいるためにも、外出時の「紫外線対策」は忘れずに。


【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で人気の美白ケア用品をチェック!楽天市場で人気の美白ケア用品をチェック!
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    (ミーコ)明日きれいになれる!ビューティ特集&コラム

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます