涼しい家具・インテリアで暑い夏を過ごす。

毎日暑い、暑い日が続きます、皆さんいかがお過ごしですか?

地球温暖化は、確実に毎年の猛暑と異常気象をもたらしていますね。
このような毎年エスカレートする状況、環境を作っている原因は、「私たち人類なんだ!」と本気で気づいて対処しなければとんでもないことになる。

と、言いつつ涼しいエアコンに慣れてしまった自分がここにいます。

00

 


朝夕の打ち水、縁側に置いた桶に二貫目の氷の風景は、そんなに昔のことではありません。

02

 

ついほんの少し前、昭和の時代は「涼しさの工夫」がありました。
ああ~~あの風景はどこに?・・と、ため息をつく日々です。

少し涼しいお話をします。

『涼を届ける。にっぽんの夏』

某蚊取り線香メーカーのCMキャッチのようなタイトルが、夏の到来をイメージさせますが、涼しいインテリアデザインのイベントが今、開催されています。

1

にっぽんフォルムの店内風景    ●クリックすると拡大します。


場所は、西新宿リビングデザインセンターOZONE5F「にっぽんフォルム」。
日本各地の優れたクラフト品、工芸品、家具、インテリアデザイン雑貨を現代の暮らしに提案するショールームです。

2

にっぽんフォルムの店内風景    ●クリックすると拡大します。


素材や形状が馴染むインテリア雑貨、日本の伝統的な畳やござ、シンプルな椅子やテーブルなどの家具が整然とディスプレィされ、いつも清々しい気持ちとはっとする発見があるところです。

『涼を届ける。にっぽんの夏』、タイトル通り夏を涼しく過ごす工夫のインテリアデザインアイテムがありました。


見た目もすっきり、ひんやりとした畳ベッド 「cloud」

4

畳ベッド「cloud」    ●クリックすると拡大します。


やさしい木目のメープル材が包む量感のある本体。
下部分、角部分をアールにシェイプし、大きさの重々しさを消しています。
最低限の意匠と機能が美しさを醸し出しています。

そして薄緑の畳がいかにも涼しさを届けてくれる。
この畳表は実は和紙。もちろん、イ草畳も用意しているとのことだが、向学の為に和紙による畳について記しておきます。

5

畳ベッド「cloud」のディテール    ●クリックすると拡大します。


和紙表(和紙による畳表のこと)は、

・ダニ・カビの発生が少ない。
・色あせや変色が少なく美しさを長く保つことができる。
・樹脂コーティング加工されているので撥水性にすぐれ汚れにくい。
・ 耐摩耗性が高いので傷つきにくい。

など、従来のイ草による従来の畳表の問題点を解決する新素材。
もちろん、香りや触り心地などイ草表の良さは別格。これは使う人の感性の問題だが、いずれにしても用途趣味にあわせ、素材の選択ができることが健康的です。

■畳ベッド 「cloud」
・design : Mikiya Kobayashi

・材:メープル/オーク、チェリー、ウォルナットあり
    畳:和紙表(イ草もあり)
・価格:¥260,000-(税抜)