マニキュア落としの必需品!コットンスティックの作り方

コットンスティックは、オレンジウッドスティックの先端にコットンを巻いて作る便利なアイテムです。細かい部分のネイルオフや修正だけでなく、甘皮やキューティクルの処理などにも使用できます。コットンスティックがあると仕上がりがより美しくなるので、この機会にぜひ作り方を覚えてくださいね。

すくい過ぎに注意

すくい過ぎに注意

1.コットンの繊維をすくう
オレンジウッドスティックの薄く削られた方を使用します。オレンジウッドスティックの先で、コットンの繊維を少しすくいます。

 

やさしくからめ取る

やさしくからめ取る

2.繊維をからめ取る
すくった繊維を、オレンジウッドスティックでそのままからめ取ります。

 

均等に巻きつける

均等に巻きつける

3.スティックに巻きつける
オレンジウッドスティックを手のひら、もしくは指先に当て、そのままクルクルと回しながらコットンの繊維を巻きつけます。

 

爪に負担をかけない!カラーオフの正しいやり方

セルフネイルを楽しむには、ネイルカラーを正しくキレイに落とすことが大切です。落ちにくいからといってゴシゴシこすっていませんか? カラーオフは、知らず知らずのうちに爪にとって負担になりがち。正しいやり方でやさしくきれいに落とす方法をしっかりとマスターしましょう。


なじませるのがコツ

なじませるのがコツ

1.根元から爪先にふき取る
ティッシュはすぐに除光液が揮発してしまうので、コットンを使用します。スルっと落とすには、除光液をたっぷりとコットンに含ませるのがコツ。コットンを爪表面にのせ、少しなじませます。次に根元から爪先に向かって、コットンを一直線にスッと引きます。






強くこすり過ぎないように

強くこすり過ぎないように

2.落ちにくいサイドはスティックで
サイドは特にネイルが落ちにくい部分。除光液を含ませたコットンスティックで、残ったカラーを丁寧にふき取ります。








忘れがちな甘皮まわりも

忘れがちな甘皮まわりも

3.甘皮まわりもしっかりオフ
甘皮まわりや爪の裏側は、ついつい見落としがちです。2と同様にふき取り、次のネイルを楽しむためのベースを作っておきましょう。









※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。