ランジェリーは、コルセットから始まった!

フレンチ・ランジェリー展

シャンテル社が所蔵する1910年頃のコルセットと2012年秋冬のリズシャルメルの刺繍レース入のパンティ

コルセットと繊細なショーツ、2点のランジェリーの製作年には、1世紀以上もの隔たりがありますが、両方とも着心地の良さへの追究、改良を重ねエレガントで高性能のものを作り上げた点では、通じるものがあります。19世紀末からフレンチ・ランジェリーが世界中から信頼されてきたのも、下着作りの製作へのこだわりからです。
当時は、まだブラジャーというものがなく、コルセットでバスト・ウエスト・お腹部分をサポートしたのです。

次のページでは、セバレートタイプに進化したコルセットです。