知名度No.1のハワイ地ビール、コナ・ブリューイング・カンパニー

コナ・ブリューイング・カンパニーの人気銘柄、ロングボード・アイランドラガー

コナ・ブリューイング・カンパニーの人気銘柄、ロングボード・アイランドラガー

太陽の光がさんさんと降りそそぐハワイで喉を潤すのは、やっぱりビール! ハワイには各島にブリュワリーがあり、地ビールの種類も豊富です。なかでも有名なのが「コナビール」と呼ばれ親しまれている、コナ・ブリューイング・カンパニー。ハワイらしいラベルにも南国気分が高まります。

スーパーで手軽に買える定番の3銘柄

コンビニ、スーパー等で入手できる定番銘柄3種類

コンビニ、スーパー等で入手できる定番銘柄3種類

コナ・ブリューイング・カンパニーの本社があるのは、その名前の通り、ハワイ島カイルア・コナ。創業は1994年。ハワイにおける地ビールブームの先駆けで、現在では、カリフォルニアや日本でも販売されているハワイ最大のビール醸造会社です。ハワイのバーやレストラン、また、ワイキキのABCストア、スーパーでも簡単に購入できるので、ぜひ、お試しを。ブランドロゴで幸運をもたらすと言われるゲコ(GECKO=ヤモリ)が目印です。

ハワイのバーでもおなじみのコナビール

ハワイのバーでもおなじみのコナビール

代表的な銘柄は、3種類。
  • ロングボード・アイランドラガー:日本のビールのように適度な苦味があり、すっきりとした喉越しのラガー。
  • ビッグウェーブ・ゴールデンエール:バドワイザーに似た軽い喉越しで、昼間からゴクッと飲みたいあっさりタイプ。ビールの苦味が苦手な人にもおすすめ。
  • ファイヤーロック・ペールエール:ハワイ島キラウエア火山を思わせる赤褐色で、グレープフルーツのようなシトラス系の香りがするペールエール。濃厚でコクがあり、アルコール度数も6%と高めなので、ゆっくり味わって。
ほかに、パッションフルーツやココナッツなどのフレーバービールもあるので、見つけたらトライしてみてください。ABCストアでは、各銘柄ともに1本2ドル20セントほどで購入できます。

ラベルとボトルキャップにも注目

ハワイ語とその意味が書かれたボトルキャップ

ハワイ語とその意味が書かれたボトルキャップ

コナビールの人気は、飲みやすい味、喉越しはもちろん、ハワイの風景を描いたラベルやハワイ諸島が浮き上がったボトルなど、お洒落なデザインにもあります。特に注目して欲しいのは、ボトルキャップの裏側。OHANA(オハナ)=家族、KEIKI(ケイキ)=子供、HONU(ホヌ)=ウミガメなど、ハワイ語とその意味がプリントされているので、開けるのが楽しみに。キャップが濡れている間は読み取りづらいのですが、乾くとくっきり見えてきますよ。

直営の空港パブにも行ってみよう!

ホノルル国際空港内のエアパブ

ホノルル国際空港内のエアパブ

ハワイ島カイルア・コナ、オアフ島ハワイ・カイ(ココ・マリーナ)には、新鮮なビールが飲める直営ビアレストランがあり、10種類ほどの銘柄と、ビールにぴったりなピザやサラダを味わうことができます。ただし、両店舗ともにホテルが集まるエリアからは遠く、アクセスが良くありません。

しかし、チャンスは、帰国日にやってくるのをお忘れなく。ホノルル国際空港の出発ゲート中央(セキュリティチェック通過後)に直営パブが入店しているのです。楽しかったハワイ旅を思い出しながら、最後に一杯いかがですか?


<DATA>
KONA BREWING Co.(コナ・ブリューイング・カンパニー) ココ・マリーナ・バブ
住所:7192 Kalanianaole Hwy., Hawaii Kai
TEL:808-396-5662
営業時間:11:00~22:00


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。