フランス語圏のモントリオール、オプショナルツアーで魅力発見!

ノートルダム大聖堂

モントリオール人気観光スポット ノートルダム大聖堂

フランス植民地時代にその歴史が始まった「北米のパリ」モントリオールは、芸術性、エンタメ性、機能性を兼ね備えた、カナダで2番目に大きな都市です。英語とフランス語が交じり合って飛びかう街角には、カナダの他の都市とは一線を画した独特の異国情緒が溢れています。

フランス語が第一言語であるモントリオールでは、英語が通じにくいこともしばしば。ガイドさんにお店やレストランでの簡単なやりとりや挨拶などを教えてもらいながらツアーに参加すれば、その後個人で観光するときも安心です。また、街から離れた見どころへも行ってみたいなら、交通手段や観光ルートなどの段取りはツアー会社にお任せして、カメラひとつ持って出掛けるのがおすすめ。オプショナルツアーを利用すれば、お悩みフリーなご旅行の実現が可能です。

モントリオールのおすすめオプショナルツアー

通称「北米のパリ」、モントリオール。フランス領時代を感じさせる洗練された建物と近代建築が同居する、唯一無二の街並みです。カナダの中でも異色を放つこの街にグッと近づく、現地密着のオプショナルツアーをご紹介します。

■歩いて魅力発見 ウォーキングツアー
モントリオールウォーキングツアー

洗練された街並みはヨーロッパさながら。他の州では見られない景色が広がります

旅行を120%楽しむためにも、最初のうちに土地勘や街の雰囲気をつかんでおくのは大事なこと。バスツアーでぐるりとめぐるのもいいですが、ぜひその足で歩いて、人、言葉、空気…モントリオールに息づくフランス領時代のかおりを感じてみてください。スモークミートやプティーンといったご当地グルメにもトライできる食べ歩きツアーも人気。ローカルフードをつまみながら、モントリオーラーになった気分でそぞろ歩きましょう。

■夜はロマンの光が灯る ナイトツアー
ボンスクール市場

ライトアップされたモントリオールのランドマーク、ボンスクール市場

モントリオールの上質な夜。まぶしいネオンや百万ドルの夜景ではなく、暗闇で静かに息づくような、あたたかい光。明かりがやさしく揺れる景色の中では、きっと様々な物語が生まれるでしょう。旧市庁舎やノートルダム大聖堂などのライトアップを見て回ったり、セントローレンス川のクルーズ船に乗り込んで、夜の街を絵画を見るように眺めるのも素敵です。

■足をのばして少し遠くへ モントリオール近郊ツアー
ローレンシャン

秋のローレンシャン。木々と屋根の色が互いを引き立て、物語の中の世界のよう

モントリオールを拠点にしてデイトリップに出てみませんか。紅葉燃えるメープル街道で有名なローレンシャン高原は、春から冬にかけて四季折々の美しさを見せてくれます。英国文化が色濃く残るイースタンタウンシップスは牧歌的な風景がどこまでも続き、訪れる者の心を癒します。カナダの首都オタワへも、鉄道に乗れば片道約2時間弱。少し足をのばして、趣の違う風景に出会う一日もおすすめです。


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。